燃えよ夫婦 in北京

東京都中野区を飛び出し北京でそれぞれ働き始めた夫婦のブログ。

ドバイに行ってきた

どうも、旦那です。

 

日本はいよいよ大型連休大詰めですが、中国でもひっそりと4連休でした。

我が家は、数ヶ月前にこの日を狙って、早割のエミレーツ航空の格安航空券をゲットしていました。

3泊4日で奥様と2人、UAE・ドバイへ。今回は初の中近東エリアです。

f:id:moeyo-fufu:20190505215316j:image

〜旅程〜

1日目)ドバイモール&バージュカリファ125階へ

2日目)スーク観光&デザートサファリ

3日目)ニュードバイ&ホテルプール&ドバイモール

 

ドバイと言えば、

f:id:moeyo-fufu:20190505220749j:image

砂上にできた最新のビル群だったり、

f:id:moeyo-fufu:20190505220533j:image

人工ビーチで日焼けに夢中の人々、

f:id:moeyo-fufu:20190505215223j:image

白い民族衣装を着た人々、

 f:id:moeyo-fufu:20190505220700j:image

綺麗に盛られたデーツなど、

色々と物珍しいものが目に入ります。

 

しかし、それだけではありません。中でも興奮したのは、砂漠!

夕日が砂漠の地平線に沈んでいく様は感動的でした。

f:id:moeyo-fufu:20190506000413j:image

砂漠地帯は流石に個人では行けないので、現地ツアーに申し込みました。陽気なケニア人ドライバーの運転するランドクルーザーに、日本人6人乗って出発です。

f:id:moeyo-fufu:20190506005932j:image

 

ドライバー曰く、ここの砂漠地帯は多くの保護動物が生息するとの事。

アラビアンオリックスやガゼルがたくさんいるようです。我々夫婦の動物愛がざわつきます。期待!

 

が、しかし、自分達が申し込んだツアー、実は超絶激しめのアトラクションで、車で砂漠の波を上下に勢いよく揺れ動かしながら進んでいくというものなのです。

 

動物見る余裕ねぇー

というか、保護動物いる傍でこのツアーはアリなのか。。

 

基本、うぎゃー きゃーーおえーーー

日本人6人、それぞれ思い思いの叫び声を出していました。

そんな中、自ら助手席を望んだ奥様だけは、大興奮。とても楽しんでいる様子でした。

 

しかし、そこは親切なケニア人ドライバー。

ツアー開始の最初の方は、動物が現れると「ほら、そこにオリックスが居るよ!!」と言って車をゆっくり走らせてくれます。「ほらほら、早く写真を撮って!」

言われるがままカメラを構えます。パシャ

f:id:moeyo-fufu:20190505215720j:image

????…どこ?

 

…いや、ケニア人、目良過ぎるでしょ!

 

何回言われても、全然わからないまま。

このどこかにいるらしいですが、、、画素数足りまへん。

 

ただ、帰るまでに野生のオリックスもガゼルも何度か見れました(^^)

f:id:moeyo-fufu:20190505215737j:image
f:id:moeyo-fufu:20190505215741j:image

それにしても、砂のアートは格別。

あー、美しいです。
f:id:moeyo-fufu:20190505215745j:image
f:id:moeyo-fufu:20190505215727j:image

さて、陽が沈みます。車から降りて観ます。
f:id:moeyo-fufu:20190505215733j:image

おお、綺麗だ。太陽が砂に埋まっていく。
f:id:moeyo-fufu:20190505215426j:image

最後は絨毯でごはん。味は…うん、、、自分には合わなかったです。中近東料理、なかなかハードル高い印象です。

 

トラブルもありましたが、楽しかったです。我が家のドバイ旅行でした。

 

おしまい

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

空飛ぶあなた、いづこへ

どうも、旦那です。

さて、前回は久しぶりの奥様登場でした。無事に金曜日の真夜中に北京へ戻ってきました。

高鉄(中国新幹線)のリクライニングシートでぐっすり眠れたようで、出張帰りには珍しく、やけにご機嫌でした。「飛行機キャンセルして、高鉄に変えて本当に正解だった」という台詞を寝るまでに4〜5回は言っていました(笑)

ちなみに、奥様がそこまで北京に帰りたかった理由、それは、翌朝から北京発ー羽田着のフライトを抑えていたから、でした。

 

また行くんかーい

 

北京ではシャワー浴びて、ベッドで即寝し、数時間寝たあと、空港へ向かいました。旦那の知らぬ間に奥様は消えてました。。

今回は奥様ひとり旅。土日だけの弾丸マイル消費旅です。その目的は……美容室、だそう。それも、東京の、いつも行ってる、いつもの美容師、じゃないとダメなよう。30代一般男性には理解不能ですが、奥様はずっと忙しく働く毎日。それでリフレッシュ出来るならと、快く送り出しました。

が、一方でこちらはやる事がない!土曜日は久しぶりに一人でゆっくり寝るぞと決めて、ルンルンで引きこもり。しかし、テレビ見るか寝るか、、そんなの一日あれば十分で、日曜…何すればいいの。。未亡人になったらボケるか、早死にするタイプかもしれません。

 

 

さて、こちらも海を越えてきた話。

奥様が旅立つ数日前のこと。奥様のお母様より段ボール二箱、日本から調味料やら、日本のお菓子やらをたくさん送って頂きました。おかげで我が家の食糧庫は少しばかり潤いました、ありがとうございます!

 

が、しかし驚いたのは届いた時のボロッボロの段ボール。。今までで一番ひどい。しかも二箱同時発送なのに、一つは数日遅れでやってきました。税関で片方が追加料金がかかったので、そっちかと思いきや、税関で止まってなかった方が遅れて来ました。どこに行っていたんだ。

 

こちらは二箱目の段ボールのようす。

f:id:moeyo-fufu:20190421180736j:image

補強ベルトを切っただけでご覧の有様。一気に、あれやこれやが飛び出してきました。
f:id:moeyo-fufu:20190421180729j:image

おおおおおおおおお!!日本のもの!!

それでも、やはり久しぶりの日本のあれこれ。中身を見て興奮。本当にいつも有り難いです。

 

しかし、何かおかしい。中身が凹んでたり、割れてることくらいは想定内。

よく見ると、ない。楽しみにしていた、カルピス原液がない!

北京では、カルピス原液が物凄く高いので、5本も買ってくれていました。が、ない!いや、よく見たら、1本はある。

どこいった。4本!!残りの4本よ!なんど数えようがない。カルピスに取り乱す旦那。

 

前はカルピス行けたのに。ぐぬぬ

実は中国に送る際にこれ、たまにあるのです。2度目。やられました。税関あたりでしょう。段ボール開けられてるし。(1万歩譲って、開けるのは仕方ないとして、綺麗に開けろよと思います。)

当然事前通知なんてものはなく、何が無くなったかを知るのは開けてから。以前は初めて赴任した時で、料理酒数本を失いました。

 

それにしても写真を見返すと怒りが沸々と湧き上がってきます。なぜ!勝手に!!!金払うから返してくれよ。カルピスは危険物じゃないぞ。

そして、取り付く先が無いのもまた事実。カルピスに執着するわけでもないのですが、わざわざ時間を割いて買ってもらい、わざわざ送ってもらったのに、それを手にできない悔しさったらよ。

 

さらに、苛立たせたのは…

f:id:moeyo-fufu:20190421180739j:image

お前誰やねん!!

中国製の謎のお菓子。どこかの誰かの荷物が混ざったようです。

 

今晩、奥様がカルピスをひっさげて、無事に帰ってきてくれることを願っています。

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

高速鉄道ファーストクラス体験記

久しぶりに登場です、奥様です。

 

ただいま高速鉄道で上海から北京に戻っています。本当は飛行機で帰るはずでした。


が、あっぱれ中国。超ディレイ。どうやったらこんな遅延するのかね?上海晴れてるよ!おい!

 

一瞬の判断で高速鉄道に切替えました。

 

まず朝の段階で3時間ディレイの通知(18時発→21時発)。これはヤバイ サインです。
絶対に21時になんか飛ばない。なんだったら、もっと遅れる。。最悪の場合は取消。で、空港で放置プレイ。。

 

原因は、連日の広州付近での雨。ここで遅延・取消が発生しまくるので、各主要都市へのフライトにも影響が出てきます。 

そういえば先日、うちの駐在員もディレイしまくると嘆いてました。


なんとしてでも今晩中に北京に帰る必要があった奥様。
瞬時にお金を積んで、高速鉄道の「商務席」、いわゆるファーストクラスをゲットします。

普通にはゲットできません。チップみたいなのを積みまくってアプリで買うのです。

 

みんな同じ思考回路なので、チップ積んだもん勝ち。お金なんかいい!出張精算できなくても差額払う!というくらい、帰る必要があったのです。

 

21時離陸の飛行機は、19時30分時点でなんと23時45分離陸に更にディレイしてました。

f:id:moeyo-fufu:20190419204449p:image
どうなってんだ。。。そしてナイス判断!自分!駐在3年目になると、判断力も磨かれます。

 

さて、大金積んだ「商務席」は、本当にファーストクラス。


まずこのシート。なんと革張りです。臭くない!汚くない!

通路右側は2人席。左側は1人席。ラッキーなことに1人席でした。

f:id:moeyo-fufu:20190419204551j:image

リクライニング機能つき。結構使いやすい。

コンセントもUSB用にちゃんとあります。

f:id:moeyo-fufu:20190419204613j:image

サービスしてくれるお姉さんも、めちゃくちゃ丁寧。スリッパくれました。

 

そしてご飯つき。肉か魚かを選べます。今回は肉をチョイス。それがこちら。

f:id:moeyo-fufu:20190419205656j:image

f:id:moeyo-fufu:20190419205740j:image

味は普通だけど、二等席で売ってるやつと比べたら全然違う!

 

このファーストクラス、お値段1700元。日本円で約27,000円です。一方、一等席は900元。二等席は450元です。

高い分、それなりのサービス。また乗ってる人もちゃんとしてる人が多い。これがポイント高いです。

 

今回乗れた高速鉄道は4時間20分で北京に着く、一番早いタイプのやつです。

ディレイの時は高速鉄道に限ると感じた奥様でした。

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

清明節の過ごし方

どうも、旦那です。

今年の清明節は北京のお隣り天津へ。

奥様、留学時代の思い出の地でもあります。

f:id:moeyo-fufu:20190407153556j:image

最近お疲れ気味の我が家。今回は無理な遠出、無理な観光は一切しませんでした。しかし数少ない連休。出かけないのももったいない。というわけで究極のダラダラをする為、ホテル宿泊を目的にお出かけです。

最近はこれをステイケーションというらしいですが、我が家の場合は、横文字の洒落たものではなく、家のベッドよりいいベッドでただ寝る。ただただ寝る。それが今回のミッションです。

 

昼から出発して、高速鉄道で30分。あっという間につきました。大阪から神戸、東京から横浜。そんな感じです。

 

しかし着いて早々、参りました。タクシーのおばちゃんドライバーが超絶イケズ。

・道分かってなさすぎ

・案内しても逆を行く

・急加速急発進は当たり前

旦那は乗って5分で嘔吐しそうになりました。こちらの不安をよそにおばちゃんはマントウをムシャムシャ、こちらが何か言うとアイヤーとため息連発です。

 

どっと疲れて到着。今回の宿泊はウェスティン天津。14:00チェックイン。さっさと手続き済ませます。

f:id:moeyo-fufu:20190407152620j:image
f:id:moeyo-fufu:20190407152558j:image

さぁて

f:id:moeyo-fufu:20190407151637j:image

ダラダラ開始です。

以前も別の場所でこのホテルに泊まりましたが、ここのベッドマットレスを求めていました。寝心地とても良い。

 

夕飯までした事は次の3つ。

①持ってきた海外ドラマDVDを飽きるまで鑑賞

②プールでひと泳ぎ

③寝る

一息ついたところで、旦那はこの生産性の無さ、天津に来た意味について一瞬疑いかけましたが、ドラマに夢中になる奥様の幸せな顔を見て、初志貫徹を決意し直します。

 

その後、天津名物でもなければ、中華でもなく、夕飯は韓国式焼肉に行きました。奥様、留学時代の思い出のお店です。

f:id:moeyo-fufu:20190407181321j:image

しっかり食べて満足。

 

帰りにタクシーから外を見ると、あー、今年もやってました。清明節の習わし。霊界にお金を燃やして弔ってます。

f:id:moeyo-fufu:20190407181328j:image

毎年見てるので驚きはないですが、果たして歩道でやって危なくないのだろうか。通行人が燃えてそのまま冥界送りされてしまいそうです。

 

さて、ホテルに戻ってダラダラの続きを開始です。奥様、深夜までエンドレス、完全にドラマ中毒です。おやすみなさい。

 

二日目

翌日もダラダラは続きます。

ホテルビュッフェでサクッとコーヒーを飲んで、部屋に戻ります。ベッドに寝っ転がって、、はい、ドラマの続き。

2話観終わったところで時間に。泣く泣くチェックアウト。ミッション終了です。

 

そして、お昼。

f:id:moeyo-fufu:20190407182243j:image

お昼も奥様の留学時代のローカル餃子店へ。

しかし、この店がまたイケズでした。

奥様またイライラしてる。。

 

なかなか出てこない餃子。スケジュール通りに動きたい奥様はイライラ。

一時間経っても来ず、高速鉄道の時間もあり、席を立った瞬間に2品目の餃子が来ました。

が、見ると、オーダーした焼き餃子が水餃子になっており、奥様さらにイライラ。まぁいいかと、一口かじると、オーダーした具が違ってました。

ええい!!もうこんな店出てやる!奥様、勢いよくレジに向かい、クレーム。最後の一皿はキャンセルしてもらい、店を後にしました。その後も、時間を無駄にしたとブツブツ…い、いかん。。またストレス溜めてます。。

 

そんなこんなで、リフレッシュしたのかしてないのか、プラマイゼロなのかそうでないのか、疑問が残りましたが、昼の高速鉄道で北京へさっさと戻ってきたのでした。

 

今回のステイケーション(?)やってみた、の感想としては、まぁ悪くない。

リゾートホテル宿泊以外は、観光先でいいホテル泊まっても観光に充てる時間が長くなるので、なかなかホテルを満喫できず。

関西人としては、今回、ホテルをフルに使ったので、ホテル代の元取ってやったなという満足感はあり。金額も下手な観光で使うお金を考えると、トータル同じくらい。やってる事はちょっと贅沢なので、多少の満足感あり。

ただ、天津じゃなくていいな、というのと、たまにでいいなという結論。次もしやるなら家の近く、北京市内で良さそうです。

慣れたところでストレス溜めない程度の非日常が味わえる方が良さそうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

いつもの日壇公園

どうも、旦那です。

今週末はやや冷え込みましたが、気持ちいい天気。

f:id:moeyo-fufu:20190331164546j:image

最近ほぼ毎日飲んでます。luckin coffee。

コーヒー持ち歩きで、ぶーらぶら。

今日は奥様と2人で我が家の定番コース、日壇公園へ。

冬の間、遠のいていたので久々です。

 

喧騒とした都会から一歩離れると、青々とした木々に、色とりどりの花々。すっかり春です。

f:id:moeyo-fufu:20190331164532j:image

f:id:moeyo-fufu:20190331164602j:image

f:id:moeyo-fufu:20190331164557j:image

着くと、あれ、なんだかにぎやか。

今日はいつもの広場ダンスではなく、野放しのキッズたちがたくさん走り回っています。

 

あー、しかしまぁ元気だこと。。

バッタバッタ転げ回るローラーブレードキッズがいれば、池に落ちそうになる虫取りキッズもいる。食べ物加えて、ふらふら近づいてくる子供だけは要注意です。

 

子供のいない我々夫婦は着くやいなや、慣れない子供に恐怖心を煽られます。冷や冷や…

 

一方、大人たちは…
f:id:moeyo-fufu:20190331164539j:image

みんな、なんか見上げてる。ドローン?

 

f:id:moeyo-fufu:20190331164551j:image

いえ、凧揚げでした。

キャッキャ言ってる姿は少年少女のよう。

お、大人たちよ。

みんな幸せそう。

 

相変わらずな北京。相変わらずな日壇公園。

リフレッシュ完了です!

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

あとちょっとだ、3月

どうも、旦那です。

あー、もう3月おわっちゃうよ。

あとちょっと。あとちょっとだ。

そう言い聞かせて毎日仕事頑張ってます。

 

この時期突然な事がとても多く、どうしても忙しくなってしまいます。奥様も同じ状況。

夫婦揃って殺気立つこと、しばしば。

あとちょっとだ!

あとちょっとだ!

あとちょっとだ!

 

そんな、大動脈ブチ切れ寸前の我が家。

多大なストレスを抑えるもの。それは、、

寝る!食べる!寝る!寝る!寝る!食べる!

以上である。

 

特に甘いものは不可欠!

f:id:moeyo-fufu:20190328230028j:image
f:id:moeyo-fufu:20190328230032j:image

奥様に隠れて、ゴクゴク飲んどります。

最近、日本の原宿女子たちが飲んでるらしいですね。一足早く、ハマってます。

 

 

もう一つ、奥様とハマったのが、こちら。

lady Mのミルクレープ。

ニューヨークのケーキ屋。高いけど!高いなりにめちゃウマです。

f:id:moeyo-fufu:20190328230310j:image
f:id:moeyo-fufu:20190328230306j:image

f:id:moeyo-fufu:20190328230302j:image

どれも北京の人気ブロガーさん、ふわふわさんからの情報です。

 

甘いもの食べて、これは甘さ控えめだから、と理由つけて、バクバク食べてます。末期でしょうか。

 

というわけで、ストレスで今のところハゲてはいません。ちょっと下腹が出ているだけです。

あー、はやくゆっくりしたいなぁ。

また旅行したいなぁ。

ボヤけば止まらないのでこの辺で。

 

おまけ

f:id:moeyo-fufu:20190328230834j:image

性欲おばけの黒さん。

先週末、久々の再会。近づいたら噛まれそうになり、逃げる奥様。奥様に押されて、旦那は後ろ向きに転びました。

こいつ、もう嫌いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

食べて、寝て、食べて、in成都

どうも、旦那です。

先週末は昨年8月以来、半年ぶりの国内旅行でした。四川省成都へ。

成都、ほんとたのしかったです!

f:id:moeyo-fufu:20190302140521j:image

中でも、やっぱりパンダは最強です。

子パンダはもっと最強。

パンダ研究基地は、最先端技術でパンダ繁殖をさせている、世界で唯一の機関です。生育状況などを動物園のように一般公開されているのが特徴です。ここで産まれた子たちが、世界中の動物園へ運ばれていくのです。

噂では、シャンシャンのおばさんもいてるとか。また、白浜アドベンチャーワールド生まれ、中国に返還された「雄浜」もいてます。

 

以前「情熱大陸」で特集されていた、唯一の日本人パンダ飼育員、阿部展子さんもここで働いています。

偶然にも、赤ちゃんパンダエリアでチラッとお見かけした気がします。

 

 

実は、今回の楽しみは、パンダの他に、もう一つありました。四川料理です。これまた毎週みている、「アナザースカイ」から情報収集。昨年、番組内で中華料理人の陳建一さんが取り上げられていて、内容にとても感動しました。

日本の中華料理のルーツが、なぜ日本から遠い内陸部の四川省なのかを知りました。興味深い!

 

そこで紹介された「陳麻婆豆腐」というお店。今回、ここにどうしても行きたかったのです!

中華料理を代表する麻婆豆腐、そして個人的に大好きな麻婆豆腐。ここ「陳麻婆豆腐」が発祥だといわれています。(番組ではさらにルーツの源流が紹介されていました。)

f:id:moeyo-fufu:20190302143401j:image

旗艦店のみ予約できました。

AM11:30には席がほぼ埋まってました。衝撃。。食べ終わった店を出ると長蛇の列でした。

行かれる方は是非、予約を。

f:id:moeyo-fufu:20190302143356j:image

さて、目的の麻婆豆腐。

いまこのブログ編集の為、写真を見直してますが、あー、、もうヨダレがとまりません。

当たり前ですが…ウマイ!!ウマイんです!!下手な表現はできませんが、美味すぎて、ありがとう、ありがとうって気分になります。

 

四川料理全般に、ガツンとくる辛さを想像してましたが、辛さに加えて、プラス料理ごとに違った深い旨味を感じました。

そういえば、こないだ見たNHKプレミアムの「桃源紀行」で、キノコや鳥だしで、旨味にこだわる四川人について語られていたのを思い出しました。

確かにどの料理を食べても、四川人は味覚の幅が広いなぁと感じた次第です。

f:id:moeyo-fufu:20190302145919j:image

担々麺
f:id:moeyo-fufu:20190302145915j:image

回鍋肉
f:id:moeyo-fufu:20190302145911j:image

杏仁豆腐

f:id:moeyo-fufu:20190302143345j:image

厨房はガラス張りで見られるようになっています。活気あっていいですね。
f:id:moeyo-fufu:20190302155600j:image

エントランスの提灯も今っぽい。さすが旗艦店。
f:id:moeyo-fufu:20190302143349j:image

ちなみに、これ見て、奥様が興奮。

(料理をしない)奥様に教えられたのが少し気に入らないのですが、「舌尖上的美食」は中国で有名な料理番組。放送されると翌日から長蛇の列ができることで有名です。どうやら紹介されたようです。

 

というわけで、陳麻婆豆腐

大満足でした。オススメします。

 

他にも、四川といえば、火鍋。

普段、北京では火鍋を食べに行っても辛い方を避けてますが、、びっくり仰天。これまた旨味がすごい。

辛くない白い方は、一切、手をつけず、辛い方だけを食べました。今後の火鍋との距離の取り方が変わった気がします。

f:id:moeyo-fufu:20190302150135j:image

とても美味しかったです。

f:id:moeyo-fufu:20190302150437j:image

f:id:moeyo-fufu:20190302150433j:image

ちなみにここの店「蜀九香」は、四川火鍋で有名なお店だそうです。

実は奥様は旅行のちょうど1週間前にも成都出張でしたが、その時もここに来たらしい。

今回本当にいいかと何度も確かめましたが、それでも食べたくなるほどとの事。でも、納得です。

 

最後に番外編ですが、「寛窄巷子」いう、北京でいう南锣鼓巷のような、古民家改装などで今風にした、古い町並みのエリアがあります。

 

そこでひときわ目についたのは…

パリバゲ。韓国のパン屋さんで、北京でもよく見かけます。

f:id:moeyo-fufu:20190226001002j:image

中は写真撮れませんでしたが、光も入って明るく、ディスプレイもすごく綺麗でした。センスいいです。


ちなみに、ここでは、スタバはこうなります。

f:id:moeyo-fufu:20190226001226j:image

いい感じに街に溶け込んでます。

f:id:moeyo-fufu:20190226001011j:image

緑が映えますね。

ちなみに、内装は普通のスタバでした。

 

というわけで、食でも大満足の成都旅行。期待以上でした。

目的は赤ちゃんパンダとだけ決めての旅行でしたが、結果的に、食にも満足。歴史にも満足。街並みにも満足となりました。また来たいですね。

 

〜おまけ〜

f:id:moeyo-fufu:20190302152043j:image

有名なこの2人の祀られてる寺院へも行ってきました。

f:id:moeyo-fufu:20190302151911j:image

劉備
f:id:moeyo-fufu:20190302151906j:image

諸葛亮

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村