燃えよ夫婦 in北京

東京都中野区を飛び出し北京でそれぞれ働き始めた夫婦のブログ。

我が家の甘味事情

旦那です。

奥様は相変わらず北京と上海を往復中。今日から再びです。

 

さて、我が家には厳格な法があります。

《日本製菓子取扱法》です。名前は今決めました。

対象は日本で大量購入した貴重な日本製菓子です。

有効なお菓子消費をする為、我が家で厳格な法が施行され、徹底管理しています。

侵すと家庭内抹殺です。

 

《日本製菓子取扱法》

一、1日の消費個数は2人で1つまで

一、賞味期限の近いものから食べる

一、お菓子の選択権は奥様に限る

一、原則2人で半分(奥様が不在時は食べてはいけない)

以上である。

 

若干、権限に不平等さがありますが、我々は平和に暮らしています。

 

しかし先日、旦那は気づいてしまったのです。未開封のはずのチョコレート箱にできた僅かな切れ込みを。不自然な隙間。中身が少し軽い気がする。

 

こ、これは…明らかな違反行為。

 

しかし、罪人も人の子。バレないように切り開いた隙間。抑えきれない食欲と法令遵守の間で葛藤したに違いない。もしくは、日頃の北京上海往復生活がそうさせたに違いない。

 

そう思い直し、旦那は仏になりました。

そして、罪の意識を少しでも軽減させてあげる為、自分も隙間から3個チョコレートを抜き取りました。

 

 

という事で、季節の変わり目。秋です。

甘いもの食べたくなります。そこで、打開策として、発想を変えました。無ければ作ればいい!と。

 

という事で、旦那は夜寝る前にお菓子作りしてます。いま極めようとしてるのが、蒸しプリン。

 

第1回は甘さが足りず、しかも固かったので失敗。写真にすら撮ってない。

ネット情報から炊飯器を使いましたが、加減がわからないのが、ダメですね。

 

第2回はこちら。

f:id:moeyo-fufu:20180913003510j:image

炊飯器は難しかったので、無理せず鍋で蒸します。

カラメルをかけて、見た目は良さげ。だが、まだ固い。

卵入れ過ぎ?蒸し時間?

 

気を取り直し、第3回

f:id:moeyo-fufu:20180913003440j:image

まぁまぁの出来。

反省を活かし、卵を控え、蒸し時間短縮。

結果、中心はまさにコンビニプリン。柔らかくていい感じ。中心以外はやや固いので、やはり火加減が課題。とはいえ、かなり改善しました。これは行けそうな気がする。第4回に期待しよう。

 

ちなみに、もう一つ、最近ハマっているのは、梨です。

春播というアプリでお取り寄せしてます。

思いのほか甘くて美味しいのでオススメです。
f:id:moeyo-fufu:20180913003640j:image

という事で、この秋、2人でデブになろうと決めました。

我が家の休日

こんばんは、旦那です。

9月に入りました。日陰はひんやり。北京はすっかり秋模様です。

 

そんな秋のはじまりに、

うちの奥様、悪いこと覚えました。

 

先日21時過ぎに家にいてると、出張中の奥様からこんな写真が送られてきました。

 

f:id:moeyo-fufu:20180902224501j:image

ん、?!なにこれ?

 

次のメッセージ↓↓

f:id:moeyo-fufu:20180902224514j:image

いやいや、遊んどるがな!!

 

f:id:moeyo-fufu:20180902224540j:image

ちょっと待て、冷静になって、とりあえずちょっと待て。

出てる!何かがでてる!

 

みなさん、想像して下さい。

夜21時過ぎ、ヒールを履いて颯爽と歩く、働く30代女性のバッグに、ひよこが顔出してます。

絶対見間違いかと二度見しますよね。

 

\\\\ それ、うちの奥様です。  ////

 

こりゃもう、世にも奇妙な物語です。

 

…というわけで、新しいお友達を連れて、奥様、我が家に戻ってきました。

 

 

さて、戻ってきたのも束の間です。

なんとまた、明日から奥様は再び上海出張。しばらく、こんな調子のようで、ちょっと心配。

 

という事で、今週末は束の間の北京なので、奥様おやすみモードです。

 

今日も夕方から奥様、お昼寝。

旦那はやる事ないので、どうせなら喜ばれるものを!と、普段作らない料理に挑戦!

 

写真撮り忘れましたが、昨日はプリン、今日は羽根つき焼き餃子を皮から作りました(^^)

 

水餃子が主流の中国。

やはり、「焼き」が恋しくなります。

そこで!

f:id:moeyo-fufu:20180902205827j:image

どーーん

約2時間半かけ、ようやく完成!

 

本当は薄皮にしたかったのですが、タネを入れると破れまくり。

やむなく、やり直して、食べ応え満点の厚皮になってしまいました。。

 

作業はこんな感じ。
f:id:moeyo-fufu:20180902205838j:image

餃子の国なのに、近くのスーパーに餃子の皮が売っていない。。

仕方がないので、まずは気合いを入れてコネコネします。厚さを均一にするのが難しい…。

実は今回二度目で、前回は棍棒が無かったので、さいばしで作ってました。それを思うと、だいぶ進歩です。


f:id:moeyo-fufu:20180902205911j:image

次に、せっせとタネを詰め込んでいきます。

ふぅ、できました。

(そういえば、タネを写真撮り忘れました。)

 

はい!では、いよいよ焼いていきます!
f:id:moeyo-fufu:20180902221921j:image

フライパンに油を引いて、並べます。
f:id:moeyo-fufu:20180902205924j:image

蒸します。

f:id:moeyo-fufu:20180902205810j:image

最後に、片栗粉を水に溶かしてさっとひとかけ。はい、羽根つき餃子完成です。


f:id:moeyo-fufu:20180902205900j:image

水餃子もついでにつくりました。

サブのはずでしたが、こっちの方が奥様お気に召され、若干不満、、、

 

f:id:moeyo-fufu:20180902210158j:image

今夜は、ビールをお供に、餃子にはポン酢を添えて、いただきます!

 

 

おまけ

f:id:moeyo-fufu:20180902223423j:image

我が家のお友達、並べてみました。

今日も二人でUFOキャッチャー見つけ、まんまと吸い寄せられてしまいました。

そして、6体も新しいお友達が加入。。数えると18体。。

 

んーー、、、奥様、そろそろ辞めない?

 

少林寺&洛陽に行ってきた②

こんばんは、奥様です。

 

現在上海です。最近、上海に来る機会が一気に増えて今回で3週連続です。11月ぐらいまでは、週1ペースが続きそうなので、家がほしくなります…ホテルはやっぱりホテルです。

 

さて!気を取り直して、前回の続きを書きたいと思います。

 

少林寺&洛陽旅行の2日目は、16時のフライトで北京戻りなので、あまり遠出はせず、龍門石窟と旧市街に絞ります。

 

龍門石窟はここ↓

f:id:moeyo-fufu:20180826223142j:image

 

旧市街はこんな感じ↓

f:id:moeyo-fufu:20180826223633j:image

 

これは旦那さんとも同意見なのですが、たくさーーーんの中国の都市に旅行したせいで、お寺などを見ても一緒に見えてしまう悪い症状が出てきています…。
「あぁ、お寺ね。明時代の?清時代の?」とか、「あぁ、康熙帝ね。えっ、乾隆帝?」という感じです。これは良くない!汗

 

というのは置いておいて、まずは龍門石窟からスタート!沢山寝たので超元気です!ホテルからタクシーで約30分。龍門石窟は市内から、やや南にあります。

 

まずはチケット購入。ここは奥様、本領発揮!一人スクラムで、後ろのおじさん&おばさんを全力でブロック!あっさりとチケットをGETします。ひとり100元(約1,700円)でした。

f:id:moeyo-fufu:20180826223510j:image

 

大体中国の世界遺産はそうなのですが、とにかくでかい。なので、園内をカートがぶんぶん走ってます。


まずは入口に行きパシャリ。まぁ人は多めです。

f:id:moeyo-fufu:20180826223518j:image

 

大同の石窟はぐるっと回れるようになっていたのですが、ここ龍門は一方通行!川沿いにあるので、ひたすら一直線に歩きます。

f:id:moeyo-fufu:20180826223524j:image
f:id:moeyo-fufu:20180826223529j:image

 

暫くすると、出てきた出てきた石窟!

f:id:moeyo-fufu:20180826223817j:image

 

龍門石窟の特徴は、川沿いの岩に彫られていて、やや高い所にあるので、階段を登って下りて、登って下りて、を繰り返す必要があります。

f:id:moeyo-fufu:20180826224919j:image

 

これがメインの石窟!これはすごい!

f:id:moeyo-fufu:20180826223821j:image

f:id:moeyo-fufu:20180826223853j:image

f:id:moeyo-fufu:20180826224027j:image

 

たまたま撮った写真におじさんが。これはこれでいいぞ!

f:id:moeyo-fufu:20180826223826j:image

 

ゆっくりまったり歩いて約2時間。結構満喫できます。これらは西側の石窟で、川を渡ったところに東側の石窟があるのですが、これはあまり規模も大きくなさそうなので、スキップします。


対岸から見た西側の石窟。

f:id:moeyo-fufu:20180826223937j:image

 

大同石窟は北魏時代に作られ、その後に作られたがこの龍門。作りも少し異なっており、個人的には、大同石窟は「どん!」とした迫力のある印象でしたが、龍門石窟は繊細で、服の動きや、蓮の模様がとても細かい印象でした。 

 

お昼前には龍門石窟から旧市街へ。 

f:id:moeyo-fufu:20180826225021j:image


旧市街はおのぼりさん向けでしたが、中国らしく、歩くのは楽しいです(食べ物には手を出しませんが笑)。

 

洛陽は牡丹が有名なので、牡丹をモチーフにしたお菓子も沢山あります。

f:id:moeyo-fufu:20180826224406j:image

 

時間もきたので、空港へ!

f:id:moeyo-fufu:20180826224359j:image

 

だいぶ旅行慣れしてきたこともあり、自分たちのペースで組めるようになってきました!

次は、平遥&太原。泰山と曲阜が候補!国内旅行も二人で行けば楽しいものです^_^

 

(おまけ)

旧市街で見つけたわんこ。

f:id:moeyo-fufu:20180826224926j:image

少林寺&洛陽に行ってきた①

こんにちは、奥様です。


先週まで続いていた北京とは思えぬ蒸し暑さも落ち着き、非常に北京らしい、カラッとした天気が最近は続いています。

空気も綺麗だと気持ちいい~…と思うのもつかの間。国慶節が終われば冬なので、この天気もあと1ヶ月か…。

 

とセンチメンタルになりましたが、本題。
最近、海外熱が高まっていたので(今年だけでもシンガポール、香港、北海道。これからスペイン、またシンガポール…)、改めて中国国内再発見!ということで、先週の土日、弾丸で「少林寺&洛陽」に行ってきました。

 

少林寺といえば!↓そうです、そのまんま。少林寺です。

f:id:moeyo-fufu:20180825115551j:image

f:id:moeyo-fufu:20180825120458j:image

洛陽といえば!↓中国三大石窟の1つ、竜門石窟です(今年3月に、もう1つの大同石窟に行きました。残すは敦煌!)

f:id:moeyo-fufu:20180825115616j:image

まずは土曜日。朝8時のフライトで北京→洛陽へ。高速鉄道なら5時間かかる所、飛行機ならば約1時間20分。ディレイがなければ楽チンです。ちなみに北京⇔洛陽のチケット往復で400元(約6,800円)。毎度安い!!


洛陽到着後、ドライバーさんと合流して、少林寺にGO。その途中、世界遺産の「観星台」に立寄ります。

正確には、「天地の中央の登封(←地名)の史跡群」の構成要素の一つとして2010年に世界遺産に登録されました。

f:id:moeyo-fufu:20180825115703j:image

わくわくどきどき…。

トイレは超アンモニア臭がしますが、もう気になりません。

入口から歩くこと約5分。

f:id:moeyo-fufu:20180825115732j:image

えらい人がおらず、心配になりますが…見えてきた!

と思ったら、ドヒェェェェェェェェェェェェェーーーーーーーーーー!

f:id:moeyo-fufu:20180825115758j:image

工事してるよ!!ドライバーのおっさん、事前に言えよ!!そら人少ないわ!というか、入場料タダやったし!!!そらおかしいわ!!…

と、旦那さんと私、唖然とします。。チャイナクオリティの登場です。本当ならば登れるらしいのですが、残念…。

 

ちなみに洛陽&少林寺があるのは河南省河南省世界遺産と言えば、昨年11月に訪れて、これまたガッカリだった殷墟があったな…と旦那さんとぼやきます。河南省がんばれよ!!!汗

 

ちなみに。先の通り、ここ登封は昔、天地の中央と言われてました。なので、中国語で「好(ハオ)、可以(クーイー)」が意味する「ええよ、いいよ」という言葉を、河南省では「中(ジョン)」というそうです。よって、「不好(ブーハオ)、不可以(ブークーイー)」が意味する「あかん、だめ」は「不中(ブージョン)」と言うそうです。教えてもらって、即効で「不中!!不中!!」と言ってやりました。がはは

 

さて、気を取り直して次は、メインの少林寺に移動します。

f:id:moeyo-fufu:20180825120338j:image

ここで台風の影響で雨風が強くなってくるのですが、同時にわれわれ夫婦の身体にも変化が…。その週忙しかったこともあり超お疲れ&少林寺はやや標高が高い所にあり、頭痛が始まります。特に旦那さんは、もう目玉が引っ込んでるくらい、体調悪そうです。

でも折角来たんだから!ということで、中国人に混じってカラフルレインコートを着て、いざ少林寺の中へ!

f:id:moeyo-fufu:20180825115923j:image

まずショーをみます。小さい子がぴょンぴょん飛んでます。

f:id:moeyo-fufu:20180825115954j:image

聞くと、少林寺付近にはたくさんの少林寺学校(宿舎)があり、何万という下は5歳くらいから、上は大学生まで、朝は学業。午後は少林寺の稽古をしているそう。こんな感じ↓

f:id:moeyo-fufu:20180825120026j:image

少林寺やりたいお!という子供だけでなく、出来が悪い子供が半強制的に送られてくるケースもあるとか…もはや更生施設です。ちなみに女子生徒も数百人いるそうです。

結構すごい↓

f:id:moeyo-fufu:20180825120046j:image

ムキムキなイメージですが、精進料理なので、肉を食べないとのこと。よって、実際はかなりスリムです。

 

少林寺があるのは、中国五山の嵩山(すうざん)。整理すると、五山とは、東岳の泰山(山東省)&南岳の衡山(湖南省)&西岳の華山(陝西省)&北岳の恒山(山西)&中岳の嵩山(河南省)です。旦那さんは、中国五山のうち、嵩山&華山&恒山を制覇!あと少し!

f:id:moeyo-fufu:20180825120125j:image

 

クリリンもいます。

f:id:moeyo-fufu:20180825120203j:image

木を突っついた後も残っています。

f:id:moeyo-fufu:20180825120225j:image

偉い人たちのお墓です。

f:id:moeyo-fufu:20180825120235j:image

 

このあたりで、我々の頭痛(疲労)はピークに。感想も、ほー、はー、など小学生レベルなのしか思いつきません。

 

ということで帰路につき、帰りの車で爆睡。起きたら元気になってたぜ!
ということで、翌日は洛陽観光をします。続きは、次のブログで!!

 

(おまけ)

ホテルの近くで食べたワッフル。

f:id:moeyo-fufu:20180825120559j:image

我が家の合言葉

こんばんは、旦那です。

最近、奥様との新しい合言葉が出来ました。

「チュアーーーーーーー」です。

なんのこっちゃですね。

 

蒼穹の昴」という浅田次郎先生の作品が今、我が家で大ブームを旋回しています!

f:id:moeyo-fufu:20180822002859j:image

↑我が家のコレクション

 

蒼穹の昴」といえば、そう、我が家のある、ここ北京が舞台です。

清朝末期、とある貧しい男のヒューマンサクセス(?)ストーリーです。

 

その「蒼穹の昴」が今から10年ほど前、日中合作でテレビドラマ化されており、日中それぞれで放送されてたんですね。

いま再放送しているのを知り、第1話から欠かさず、夫婦揃ってどハマりしてます。(全編中国語、日本語字幕)

期待せず観始めましたが、割と本気のドラマです。

 

そこで登場する、歴史上悪名高いと評判の西太后(役はなんと田中裕子!)。彼女の寵愛する宦官(主人公)を呼びつける時の言い方がなかなか面白い。

 

「チュアーーーーーーー(春儿)」

 

なのです。

 

文字にするとなかなか伝わらないのですが、西太后のあの若い男を呼ぶ時のちょっと浮かれた色気あるダミ声がいいのです。

(ちなみに、中国語吹き替えなので田中裕子本人の声ではない)

 

北京を含む華北地域独特の巻き舌音が特徴的なのですが、何故だかどうしても真似したくなります。

 

ついつい観終わると口に出してしまうのですが、このモノマネ、なぜか奥様のチェックが無駄に厳しい。

西太后になりきったつもりでも、なかなか合格点をもらえません。

悔しいので、隠れて練習しようと思います!(嘘)

 

というわけで、オチは特にありませんが、ハマってますという報告でした。

 

平日毎日放送してますが、今週は我が家の西太后様が出張中。

戻るまで先に観れないので、すごくストレス溜まります。

早く帰ってきてくれ〜〜

奥様、备份の呪いにかかる

「备份」とは、「ベイフェン」と読み、日本語で「バックアップ」という意味です。

木曜~土曜の3日間は、この「备份」を恐らく30回。いや50回は叫びました。

 

そもそもの悲劇は木曜夜。

会社の人と焼肉を食べた帰り、家の近くの道路でこけて、すごい勢いで停まっている自転車に突っ込みました。


ええ、旦那さんも言っていますが、悪いのは私です。だって、携帯触りながら歩いていたですもん…。

 

こけた瞬間、よく「そういう瞬間はスローに見える」と言いますが「携帯だけは落とさんぞぉぉ~」と思い、強く強く左手で携帯を握り締めた記憶があります。


それが悲劇の始まり。左にバランスが傾き、左側から自転車に突っ込んだ結果、左手&左足を強打。勿論、携帯も強打。

 

結果、携帯の画面がどんどん黒くなり、縦線が入り始め、何にも反応しなくなりました。そして両手&両足にアザ&擦りむき…小学生です。

 

ちーん(この日の夜の出来事については、旦那さんのブログをご参照)

 

金曜、冷静になって、なんとかせねば!とまず会社の近くにあるAppleストアへ。予約制になっており、その時間に持っていくと、なぜ「备份」をしていない。「备份」してないとデータ取り出せないぞ、とやんや脅され、どんどん気分はブルーに…。知らんがなぁぁぁ!怒💢


結局「日本で買ったiPhoneは修理できない。そもそも破損が酷くて修理できないが」と言われました。


NOーーーーーーーー!!!!


今思えば、後者の「破損が酷くて修理できない」という点に集中してしまい、前者の「日本で買ったiPhoneは修理出来ない」を気にしていませんでしたが、調べてみると本当のよう。中国の法律によるものだそうです。
https://bbs.feng.com/read-htm-tid-8735248.html


日本で中国人がiPhone爆買いしてますが、大丈夫なのかな。。

 

そんなこんだで、残った手段は新規iPhone購入。えぇ、その場で買ってやりましたよ。
だってここ中国。携帯ないと、何にも生活出来ません!!お店で物買えません!!!自転車乗れません!!!!タクシー呼べません!!!!!


というか、旦那さんの携帯番号も分からず…冷静に、携帯に頼りすぎていることを痛感。

 

<新規携帯に移行させたかったデータ>
 ①会社メール(これは問題なし)
 ②wechat(これも問題なし)←口座と連携しているので重要
 ③写真。「备份」していなかったので残念。
 ④連絡先。「备份」していなかったので残念。
 Facebookはログインできればよく、LINEはもう諦めていました(中国に来てからほぼ使用せず)

 

③写真、④連絡先が消えてしまい、金曜午後は本当に泣いていました。あまりに元気がなかったのか、スタッフが声を掛けてくれて事情を説明したところ「いい業者あるよ!」と神のお告げ。


お願いしマーーーーーーーーーーーーーーース!

 

早速、その業者と連絡を取るスタッフ。メモに住所と連絡先を渡され、土曜11時に行くことに。それがここ「百脑汇」↓。ブロードウェイという意味だそう。笑笑

f:id:moeyo-fufu:20180805164107j:image

 

1、2階が売り場で、3階が修理ゾーン。修理ゾーンといっても、超個人のお店がひしめきあってて、結構怪しいです。

中国語できなかったら、結構ハードル高い雰囲気…。

 

言われた業者の元に行くと、そこだけ順番待ち。ある程度信頼は出来るのかな。


予約していたので、すぐに作業開始。おじさん、ここで一言。「派手にぶつけたね。残念ながら修理するなら800元かかるけど、直る保証はない。なんとかデータは取り出せるかも」と神のお告げ。


お願いしマーーーーーーーーーーーーーーース!

 

とは言え不安なので、店の中に入り(関西丸出し)、すぐそばで見学。データ抜き取ってないよな?
おじさんはすごい手さばきで、20分ほどで何か直し、PC接続した結果、写真が!!!!!!!!!きたあ!!!!ついでに連絡先も!!!!!!!紹介したスタッフも電話を掛けてきてくれて、応援!!!!!

 

そんなこんだで、無事に写真&連絡先を移行することが出来ました。感謝。これで50元(800円)やっす。

 

本当に、本当に、安心しました。怒りをぶつけまくった旦那さん。本当にすみませんでした!!!

 

みなさん、备份だけはしておきましょう。テヘッ。

 

追伸:今日お昼に行った胡同(フートン)のベトナム料理のお店。かなり美味しかった!

f:id:moeyo-fufu:20180805164339j:image

↓途中、謎の乗り物藤原とうふ店って…。
f:id:moeyo-fufu:20180805164401j:image

 

我が家の災難

しんどくないのに、声が出ない。

文字の上ではノリノリ、風邪引いてます、旦那です。どうも!

 

最近中国人の同僚とよく話すんですが、社会人になって好きになった「人間万事塞翁が馬」って言葉、実は中国の故事が由来と知り、一盛り上がり。

故事から転じて、ええ事あっても、その後災難に繋がるかもわからんし、災難やと思った事が、その後ええ事に繋がるかもしれんで、って感じの教えです。

 

まー、それはどうでも良いんです。

普段から割とあかん事続いても人生終わりやと思わんようにしてるんてすが、先週は流石に「あ、終わった」と思いました。

 

我が家は割とこのあかん時の波長が妙に夫婦で揃ってしまうのです。。

 

連日連夜残業が続き、その日は日本から来た重役のフルアテンド2日目、元々風邪気味のところ、社内で風邪をうつされてしまい、重症化。夜は会食で激辛の四川料理とビールで追い討ち。

 

ヘロヘロで帰って、寝る前に横になろうとテレビをつけたところで、、、あれ、涙で奥様ご帰宅。

 

仕事でやな事あったか?と思いつつ、聞くと、スマホいじりながら、歩いてたら、自転車にぶつかってコケたらしい。

ついでに、擦りむいたらしい。

 

んで、手に握ってるスマホを見ると、、、あ、おぅ…こわれてる。あー、完全に逝ってるね。

 

わかるよ、わかる。

でも、悪いのあなたです。

 

と、心で思っても言わない、言わない。

 

まずは氷水用意してあげて、話を聞いてあげて…

ついでに良かれと思って、自分のiPadを代替機にして設定してあげようとしたら、そんな事しなくていい!と、御機嫌斜めの奥様。。。

 

あー、もう、カッチーン

 

普段ならスルー出来るところ、あまりの疲れから出来ず、、ええ、言ってしまいました。

 

悪いのは、あんたや。

こっちは、疲れとんねや。

 

はい、、そこから泥沼。

こっちの主張には、負けじと倍返しの奥様。

その倍返しをするわたし、そして、さらに倍返しの奥様。

 

もう、めんどくさくなって、部屋に閉じこもり作戦。鍵を閉めて徹底抗戦。

すると、一旦引き下がったように見せかけて、マンションのフロントから人呼んで扉をこじ開ける奥様。

 

なぜかそこから奥様が私のiPhoneiPadを奪い、そして私がそれを追いかけるイベント発生。

負けじと、一瞬の隙を狙ってパスワード変更で応戦。

 

そんな訳わからない攻防戦を繰り広げて、夜中1時。。

あまりに面倒で、最後は無視して寝ました。

 

その結果、、、翌日ガラガラ通り越して、もう全く声が出ない状態に。。なんとなく予感していたが、あーー、こりゃ困った。

 

その日も日本から来た重役アテンドの為、観光ツアーガイドのように、ぞろぞろおじさん達を連れて色んな会社を練り歩くのですが、その案内役の声がカスカス。

観光ツアーなら、クレーム殺到、即クビです。

 

なんとか持ち前の顔芸とジェスチャーだけで乗り切り、逆に頑張って声を出そうにも出てないのをネタにしてもらい、なんとか乗り切りました。

 

一方、奥様はスマホを買い直し、ダメだと思っていたデータも、Apple非公式の謎の業者からデータを取り出してもらい、無事復活。

 

お互いホッと一安心。

 

謝罪会見も早々に切り上げて、終戦を迎えました。

 

やな事あっても、ずっと悪いままでは無いのが人生。そう思って、これからも乗り越えていこうと思います!