燃えよ夫婦 in北京→上海

北京そして上海へ。中国でそれぞれ働き始めた夫婦のブログ。

リッツ・カールトン上海浦東、宿泊記

どうも、旦那です。

2020年。コロナに揺れる、我が家。次第に膨らむ、奥様のお腹。新たな生命を宿すその身体に、旅行キャンセルに伴う過剰ストレスが襲います。

 

という訳で、今年の端午節はバンコク旅行があっさりキャンセルされてしまったので、上海市内でホテルステイしてきました。

f:id:moeyo-fufu:20200628232013j:image

リッツ・カールトン海浦東!

ホテルについてはあっさりレビューの為、詳しく知りたい方は他ブログおすすめします、すみません。

 

今回特筆すべきは、我が家的お買い得感。

端午節の1週間前。支配人、血迷ったのか宿泊最安値2400元(約37,000円)に。別格リッツ・カールトンと思えば、安過ぎ。しかし、財布番長的には…背伸びというか、つま先立ちでやんす。

諦めかけて、スマホをスクロールしていくと、、容赦ない盛り盛りのおまけたち!2人分の朝食、アフタヌーンティー、バーのドリンクサービス付き。完敗です。3秒後に奥様と予約画面にいました。ぽちぽち

 

そして、あれよあれよと、一週間。どーん。

f:id:moeyo-fufu:20200701020314j:image

BONVOYメンバー特典、部屋は2グレードアップされて外灘側高層階のキングルーム。だいぶゆったりでした。

f:id:moeyo-fufu:20200702090936j:image

ただし、ガラス張り虚しく、一面まっしろ。梅雨だもんね。

f:id:moeyo-fufu:20200628231924j:image

使わなかったけど、バスタブ。

f:id:moeyo-fufu:20200628231950j:image

洗面所にはアメニティ。奥様はロンドンの有名なやつと言ってました。でも忘れました。
f:id:moeyo-fufu:20200628231941j:image

部屋からの景色。遠くの方のビル群は想像で補います。
f:id:moeyo-fufu:20200628231937j:image

なんだかよく分からないけど、アッパレ中華ガール。わっしょい!

 

さて、部屋を満喫したら、プールへ。

が、誤算。次々と現るキッズたち。妊婦奥様はおそるおそる。。昼間からリッツ・カールトンのプールとは、リアル富裕層の子どもたちを目の当たり。教育パパママによるガチンコ水泳教室、子どもたちはマジメです。
f:id:moeyo-fufu:20200628231914j:image

インフィニティプールと書いてましたが、なにせ外まっしろ。実態は小さめプールでした。うーん、星1つ。辛口?
f:id:moeyo-fufu:20200628231917j:image

座ることなく、退散。逆に申し訳なく、子供たちに譲りました。

 

部屋でゴロゴロして、ディナーへ。その前にルーフトップバーに立ち寄ります。

f:id:moeyo-fufu:20200701014857j:image

カウンターでちょっと一杯。

f:id:moeyo-fufu:20200628231928j:image

ルーフトップだろうが、外は白。ただ、東方明珠が劇的に近い。そんなことより、おじさん2人が印象的な一枚です。

f:id:moeyo-fufu:20200628232010j:image

夜はjumboの蟹。でかい!
f:id:moeyo-fufu:20200628231902j:image

注文待ちの水槽の蟹たち。たらふく食べて、この日は終了。

 

翌日。朝はゆっくり過ごして、朝ごはん。いい匂い。もりもり食べます。

何かと外れも多い中国ホテルの朝ブッフェ。こちらは前評判のとおり種類も多く、奥様お気に入り。星5つ。
f:id:moeyo-fufu:20200628231954j:image

少し晴れてきたので、チェックアウトまで散歩です。
f:id:moeyo-fufu:20200628232006j:image

下から東方明珠。
f:id:moeyo-fufu:20200628231945j:image

浦東のオフィス街。旦那は浦西民の為、この辺はちょっと憧れます。
f:id:moeyo-fufu:20200628231933j:image

戻ってまたゴロゴロ。
f:id:moeyo-fufu:20200628231958j:image

ちょっと向こうの方見えてきました。最後の景色を楽しんで、14:00チェックアウト。

 

ここからは、奥様お楽しみタイム。

f:id:moeyo-fufu:20200628231909j:image

インスタ映えってこんな感じでしょうか。愛でるよりも、ぺろっと美味しく食べ切り、今回のステイケーション、終了です。

 

ホテルは総じて、何不自由なく満足でした。

なにより夫婦2人向き合うには、リラックスして、十分な時間が過ごせた事に大変満足。2人だけの時間も残りわずか。少し寂しくなりますが、話題は子どもが産まれてからの事ばかり。不安も大きいものの、心待ちです。

 

おまけ

f:id:moeyo-fufu:20200701024751j:image

頭からお尻まで14cm、重さ200gになりました。我が子はすくすく成長中。

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

未知との遭遇〜ホテル編

どうも、旦那です。

今日は出張先ホテルからです。奥様が一人で食事準備できたか心配なこの頃です。

 

今回の出張は上司に紹介してもらったホテルに宿泊。立地微妙ですが、まあまあ快適。

先ほど用事があり、5階の部屋からロビーへ。小さめエレベーターを使って降りました。

 

途中4階で停車。

仲睦まじいカップルが乗車してきました。

何やら後ろで両手を肩にまわし、熱い視線送り合っています。フムフム、私は大人なので見えてないことに出来ます。

扉が閉まります。

 

続けて3階で停車。

f:id:moeyo-fufu:20200602233603j:image

目の前によく分からないものが現れました。

ガタッガタッガタッ

そのまま進入。扉幅とほぼ同サイズの巨体、私はボタン脇へひらりとかわします。

一直線に進むロボ、そのまま後ろのカップル目掛け突進し、カップル確保。壁に押さえ込まれたカップルは静かになりました。お気の毒…

そして、一行そのまま降下。

 

ロビー到着、扉開きます。

まず私、出ます。

ガタッガタッガタッ…続けてロボット、出ます。

そしてカップル、解放。

f:id:moeyo-fufu:20200602233619j:image

マイペースさになんだかイラッとさせるロボ。無言のまま充電しに戻って行きました。すれ違い様に彼氏がチッと舌打ちするのが聞こえた気がします。

 

今日も1日お疲れ様でした、おやすみなさい。

 

おまけ

f:id:moeyo-fufu:20200602234651j:image

気になり調べてみました。この子はIMEEという会社の配送用ルームサービスロボット。カップル捕獲機能も搭載しております、一台いかがでしょうか。

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

ぐるっと上海観光

どうも、連日登場の旦那です。

上海在住の方は気になるバス、ありますよね。

f:id:moeyo-fufu:20200531235827j:image

これです、これこれ。我が家の界隈を走っており、気になって仕方なかったのですが、先日ついに突き止めました。

 

上海音楽庁近くがバスの発着ターミナルになっています。その日なんとなく思い立ち、停車中のバスにそのまま突っ込もうとすると、影からのっそりとおじさん現る。

カード見せろと言うので、無いと返答。その場で一人80元。たっか!後に引けず、勢いで乗ってしまった事をやや後悔。

f:id:moeyo-fufu:20200531234742j:image

始発なのか空いてました。前に誰もいない席をチョイス。

発車待ちの間調べると、春秋旅行が運営している二階建ての観光バスと知りました。

80元高いと思いましたが、路線がいくつかあり、12月31日まで有効とな。なるほど、ならば年始に買えば良かった、と思うもまた乗るか…な??

ちなみに、ホームページ見ると、ガイド付きだとちょっとビックリなお値段。運転手から直接購入すれば、日本語のイヤホンガイド付きで80元です。です!

 

さて、イヤホンはめて準備OK!たまに変な日本語の所もありますが、勉強なるなる!では、発信!

f:id:moeyo-fufu:20200531234739j:image

上海城市企画展示館。変わった建築でずっと気になってました。ここで上海市の都市設計をしています。ちなみに、人民広場は昔、競馬場だったとか。確かに地図で見るとこの辺り、コースの形してる!
f:id:moeyo-fufu:20200531234747j:image

南京東路。普段見る景色も目線が違うと新鮮です。
f:id:moeyo-fufu:20200531234728j:image

風が気持ちいい。
f:id:moeyo-fufu:20200531234731j:image

f:id:moeyo-fufu:20200601003631j:image

外灘まで行って折り返しでした。楽しかった。

ちなみに、最終地点に差しかかる際のガイドが「上海音楽庁はオーストリア音楽院、ボストン音楽院と肩を並べると言われています」とサラッとぶち込んで来たところが衝撃でした。これは初耳…!

妊婦にも優しい座ってるだけアクティビティ。おすすめです。

 

おまけ

f:id:moeyo-fufu:20200601004157j:image

明日から不在の為、晩ご飯とは別に奥様の食料製作。とりあえず大量にカレーを冷凍保存。

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

我が家の爽やかタイガー

どうも、旦那です。

上海に来てというもの、枕が合わないのか左の首が痛くて、痛くて。一時は霊が取り憑いたのかと思うくらいで。

f:id:moeyo-fufu:20200530232620j:image

そこで、こいつ!

先週、動物園で虎を見て思い出しました。虎、虎、虎、トラトラトラ…タイガーバームシンガポールで買ったものの、引き出しに入れっぱなしでした。

 

試しにヌリヌリ…爽やか〜

 

ただ、強烈な薄荷?フレイバーが首から漂い、最近寝る前に塗るので、朝には寝相とともにその辺が薄荷に包まれます。その結果、とうとう奥様が背中を向けて寝るようになりました。泣

 

しかし、効くので辞められない。

いまの悩みは、朝に塗って会社に行くかどうか。気まずくなりそうなので、今のところ様子見。しかし、本当はすごく塗りたい。みんなマスクしてるし、今ならバレないか…?!

 

ちなみに、このタイガーバーム。本家は香港説とシンガポール説とがあります。同じ福建省客家由来のものなんでしょうけど。ま、どっちでも良いですけど。

 

おまけ

f:id:moeyo-fufu:20200531000254j:image

散歩コースで見つけた、飼育ブタ。散歩の度に奥様はブタにご挨拶。しかし、ある日忽然と消えており、ふと見上げると火鍋屋の前でした。まさか……

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

ブルガリホテル宿泊日記

どうも、旦那です。

突然ですが、関西人あるある。

安い、得した、は自慢したくなる、これ正解。失敗、不幸、は笑いのネタにしたくなる、これも正解。我が家は言わずと知れた、関西夫婦です。

 

さて、我が家では11月末に国務院から年間休日が出た瞬間、年間の海外旅行の航空券を一斉に買うのが恒例。なぜなら早ければ安いから。

 

さて、今年。お得に買い漁った結果、はい、でました、コロナ!返金日がいつなのか不明、ずっと返金待ち。ちなみに、現在予定通りに返金されたのは日本航空だけ。うっす、男泣き!

 

少し前、上海もコロナで出歩く人が少なかった頃。旦那は長らく在宅勤務。今年はひっそり中国4度目の誕生日を迎えるはずでした。

 

とある日の夜、奥様がソファでくつろいでいると…「おお!ちょ、聞いて!めっちゃお得やで、誕生日、ここ泊まろ!」

出た、なんのこっちゃい!!

 

なんと、ブルガリホテル宿泊のご提案。「い、いやいや、それにしてもむっちゃ高いで?もうちょい他探そや」…と言いつつ、口元が完全に緩んでました。

最高級のブルガリホテル。憧れのブルガリホテル。2019年に上海にできたばかり。しかも今年は我々のmarriott会員が昇格している。あれ、いい事あるかも?いやいや、とはいえ、、、高いし…

 

 

 

行きました!!

f:id:moeyo-fufu:20200529230216j:image

もう本当に感動、感動でした。別格でした。

ちなみにですが、リッツ・カールトンやJW marriottが大きく値下げする一方、ここはほぼ値崩れせずでした。代わりに通常では無さそうな特典が付いてました。

f:id:moeyo-fufu:20200529230210j:image

ロビーはこんな感じ。

前日から電話でコンシェルジュから案内があり、当日は彼女がエントランスでお出迎え。

チェックインの順番が来るまでここで休憩。奥にはブルガリの作品集がセンスよく飾られており、期待感がグンと上がります。

 

では早速、1日だけの我が城へ。会員効果もあり、いい部屋にグレードアップされてました。

f:id:moeyo-fufu:20200530012315j:image

写真が分かりづらいですが、部屋めちゃめちゃ広い!通常の部屋でも広いことは、事前に下調べしてましたが、かなり広い。あり得ないけど、広さ的には自宅のよう。貴族の暮らし、疑似体験。
f:id:moeyo-fufu:20200529230146j:image

清潔なタオル、いい匂い。もちろん全部にブルガリのロゴ入り。
f:id:moeyo-fufu:20200529230116j:image

ドリンクもかなり充実。冷蔵庫の中のジュースや炭酸水はすべて無料で。
f:id:moeyo-fufu:20200529230112j:image

ブランケットだってブルガリ、まったく。f:id:moeyo-fufu:20200529230135j:image

アメニティ、奥様はここにテンション爆上がり。机に綺麗に並べてました。

 

今回、最も楽しみにしていたもの。プール!
f:id:moeyo-fufu:20200529230150j:image

美しい。これをプールというなら、我々の知ってるプールは本当にプールだったのか。水温もイイ!
f:id:moeyo-fufu:20200529230220j:image

都市型ホテルでここまで充実したプールがあるのも初めてです。時期が時期なので、この時は約1時間半貸し切り。
f:id:moeyo-fufu:20200529230201j:image

暗いですが、ここは温水プール。温度やや高め。ぬるめのお風呂くらい。ジャグジー、というか、写真の奥のが流れるプールに。楽しくなった我々はずっとグルグル回ってました。
f:id:moeyo-fufu:20200529230213j:image

と、一通り満喫して、ご近所をお出かけ。
f:id:moeyo-fufu:20200529230154j:image

同じ敷地にはブルガリの公寓が二棟。どんな天上人が住んでるのだろか。
f:id:moeyo-fufu:20200529230105j:image

外灘寄りのペニンシュラホテル付近まで散歩しました。そのまま予約レストランへ。

f:id:moeyo-fufu:20200529230127j:image
f:id:moeyo-fufu:20200529230205j:image

奥様が内緒でレストラン予約。奥様、ありがとう。美味しかった!
f:id:moeyo-fufu:20200529230123j:image
f:id:moeyo-fufu:20200529230142j:image

食後はそのまま外灘まで散歩。コロナもあり、この頃は電飾がいつもよりずっと控えめ。このくらいが綺麗です。

 

このあとはホテルに戻ると、再びベッドメイキングが綺麗にされ、暖かいお茶が用意されてました。旅館や。

さらに、スーツケースにつける用のロゴ入り牛革ストラップが夫婦ひとつずつ、プレゼントが置かれてました。本当至れり尽くせり。。

 

翌日、晴天。
f:id:moeyo-fufu:20200529230158j:image

宿泊特典でルームサービス付きでしたが、せっかくなので上層階のレストランへ移動。景色よい。
f:id:moeyo-fufu:20200529230132j:image

世界都市の名称がコースになっており、選択できます。よく分からなかったので、なんとなくニューヨーク。
f:id:moeyo-fufu:20200529230120j:image

すると、まさかのケチャップバースデー!

ちょっと笑ってしまいました。恐縮です。

 

このあと、もうひと泳ぎしにプールへ行き、部屋でギリギリまで寛いで、最後は惜しみながら昼前にチェックアウトしました。ほぼ24時間滞在して、十分、モトとれました。

 

個人的に、旅行中のホテルは観光に出ちゃうのでもったいないですが、こうしてステイケーション目的なら、十分過ぎるほど価値がありました。コロナじゃなきゃ、こんな贅沢二度とないだろうけど。

おまけに子どもが産まれたら選ぶホテルのチョイスもきっと変わる。その前に夫婦でいい経験できました。

 

おまけ

f:id:moeyo-fufu:20200529230138j:image

宿泊中、ホテルからバースデーサプライズで大きめのホールケーキまで頂いてしまいました。ほんと恐縮です。有難う御座いました。

実は悪気はなく、帰りのロビーで偶然同じケーキの見ちゃいました。値段見てびっくり、ここには書きませんが。

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

我が家の南巡(12月編)

どうも、旦那です。

今日の奥様はいつもよりお腹が重いらしく、10分後に鳴る目覚まし時計は、既に2時間が過ぎました。へばってます。

 

さて、最近は旅行にも行けず、さらに奥様が身重なのでずっと上海。こんな時は写真の見返しを。

昨年12月、来て1ヶ月で北京に対するホームシック。大都会上海には無い、中国らしさを感じるため江蘇省蘇州へ行ってました。高速鉄道でおよそ30分。日帰り、お手軽!

f:id:moeyo-fufu:20200525214516j:image

f:id:moeyo-fufu:20200525224234j:image

蘇州は、中国版ベニスと言うと大袈裟ですが、今も街に水路が流れ、船で人や物資が頻繁に行き交います。いまは観光?

 

ちなみに、蘇州ではないんですがドラマ「如懿伝」でも度々、乾隆帝が北京から杭州まで南巡といって、こんな船に乗って江南地方へ豪遊しに行ってました。(もはや、作中でいい思い出はないですが。)

f:id:moeyo-fufu:20200525232457j:image

実は後で調べると、撮影は蘇州でも行われていたようです。
f:id:moeyo-fufu:20200525232500j:image

↑蘇州での撮影の様子(写真はもらい物)。乾隆帝役の霍建华です。ちなみに、奥様は李玉が好き。

ちょうどドラマの清朝の頃には、この一帯には江南文化が花開いていました。作中では杭州でしたが、屋台が立ち並び、街は人で活気溢れて賑やかな感じでした。

 

f:id:moeyo-fufu:20200525224909j:image

特に蘇州の庭園は有名で世界遺産にもなってます。ボロ儲けした商人の屋敷です。特に塩商人が力を持ってたとか。

f:id:moeyo-fufu:20200525224643j:image
f:id:moeyo-fufu:20200525224651j:image

庭園内。ただゆっくり時間が流れます。静か〜。水面との接地が近いので、今はカエルや虫がすごそう。。

f:id:moeyo-fufu:20200525230237j:image

華東華南地区でよく見られますが、建築はこの捻り上げたような屋根先が特徴的。そういえば、北京では見ないですね。

f:id:moeyo-fufu:20200525214448j:image

蘇州は食文化も独特。料理は塩漬けしたしょっぱい系のイメージ。奥の鴨肉は塩漬け。上海は何でも甘いので対照的です。塩商人の影響?

f:id:moeyo-fufu:20200525214533j:image
ちなみに、この奥灶面(ao zao mian)は中国10大麺の一つ。細麺で、スープは富山ブラックを彷彿。意外とあっさり醤油ラーメン。好きです。

ちなみに、中国10大麺は…

兰州牛肉面、武汉热干面、北京炸酱面、山西刀削面、四川担担面、吉林延吉冷面、河南烩面、杭州片儿川、昆山奥灶面、镇江锅盖面

 

お腹も膨れ、久々に中国にいるぞと実感できたお手軽蘇州でした。しばらくは国外も国内旅行も我慢です。。

 

おまけ
f:id:moeyo-fufu:20200525214524j:image

いた!蘇州のチャウチャウ!

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

上海動物園へ行ってきた

どうも、旦那です。

好き嫌い多めの奥様、最近オクラと戦ってます。拒絶するので、好きなものに混ぜて先に美味しいと言わせる作戦です。食物繊維、しっかり取ってもらいたいものです。。

 

さて、我が家昨年11月に北京から上海へ引っ越しし、早くも6カ月半経過しました。しかし、時は過ぎるも、記憶なし。

夫婦2人とも必死のパッチで働き始め、土日は疲れて出不精に出不精の輪をかけ、出不精スパイラル加速化。そこへコロナが追い討ち。我々は籠の中の鳥でありんした。

 

という事で、もう5月も半ば。今さらですが、上海生活、強化月間です。

今週末は上海動物園へ行きました。

f:id:moeyo-fufu:20200525010012j:image

いまや上海どこ行くも完全予約制、当然こちらも。しかし当日全くのスルーで拍子抜け。提示は随申码のみ。ちなみに、大众点评からも携程からも外国人は身份证がないので予約出来ません。ただ、微信の上海動物園ページからはパスポートで予約が出来ます。行かれる方は念の為に予約を。

 

さて、我が家は北京でも動物園、かなりの頻度で行ってました。

上海動物園、いかに。ちなみに入場料は40元。

と、動物園入場前、すぐに奥様と顔を見合わせました。

舗装された道、分かりやすい案内、清潔な窓口、そして一列に静かに並ぶ人々。北京と違う。。入口前ですでに感動。

そういえば、北京ではウインナーを振り回す子供、正面から現れる痰吐き爺さんが必ずどこかにいてたのを思い出します。

f:id:moeyo-fufu:20200524231408j:image

期待を胸に入場。上海動物園はぐるっと右回りの一周コースです。たぶん一方通行。

f:id:moeyo-fufu:20200524231404j:image

長距離なので、これがおすすめ。今回は散歩を兼ねていたので乗車せず。

f:id:moeyo-fufu:20200524231453j:image

注目は動物との距離、ほんと目の前。鳥も放し飼い。ゆえにウンチがその辺に。汚れていい靴で行くべし。

f:id:moeyo-fufu:20200524231317j:image

産まれたて。がっしりとしたオリには囲まれず、緑の中をのびのび。
f:id:moeyo-fufu:20200525091218j:image

毛並みが綺麗な東北虎。他にも色んな種類の虎。
f:id:moeyo-fufu:20200524231321j:image

奥様お気に入りはマレーグマ。ずんぐりな愛嬌系。
f:id:moeyo-fufu:20200524231312j:image

カバは信じられないほど巨大。サバンナ歩く時は一番会いたくない動物です。
f:id:moeyo-fufu:20200524231333j:image

こちらは冷めた目で一点を見つめるカンガルー。

カンガルー「愚かな人間、手を出してどうされたい。」

旦那「(噛め、噛め)」
f:id:moeyo-fufu:20200524231325j:image

マントヒヒ家族。我々の隣では持参のエサを投げ入れる客たち。禁止アナウンス流れてますよ。

そういえば上海動物園の動物たち、やたら近寄ってくるのだが、なるほどエサ目当ての可能性高し。

 

というわけで、かなり歩いて体力だいぶ使いましたが、総じて楽しかった!園内も綺麗に整備されていて、動物も綺麗。

しかし、疲れるので次回はポイント絞って、一箇所でじっくり観ようと思います。

 

おしまい

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村