燃えよ夫婦 in北京

東京都中野区を飛び出し北京でそれぞれ働き始めた夫婦のブログ。

九州旅行レポートその3

どうも、旦那です。

 

いよいよ、明日北京に戻り、明後日から仕事、と言うところです。いやはや、あっという間でした。いい春節休みでした。

 

さて、奥様レポートの通り、今回は朝から晩までずっと温泉に浸かってました。1日24時間のうち、寝るか、風呂入るか、食べるか。最高です。

出発前の風邪もこれだけすれば、即回復です。というか、あれだけ長引いた風邪も1日目にしてほぼ回復してました。

 

 

さて、奥様が執筆の力尽きたので、今回は忘れないうちに、旦那が九州旅行の締めくくりを簡単に書いていきます。

 

最後の温泉は、熊本県北部にある、平山温泉という、ややマイナーな温泉目指します。宿泊もここで。歴史は古く、長く戦国武将たちの傷を癒してきました。現代では、美人湯としても知られる名泉なのです。

 

結論、美人湯で間違いなかったです。

源泉掛け流しのお宿を選びましたが、一度の入浴で肌への効果が現れた気がします。ややとろみを感じる泉質で、入浴後は肌がサラサラ。女性にオススメです。

しかし、道中は車をナビに従い走らせますが、走れど走れど、ひたすら田んぼ。不安が募り始めたところで、突然旅館群が現れます。(何もなさ過ぎて写真撮るのも忘れました。。)

いいお湯とは、場所を問わず、人を集める事ができるんだな、と感心した次第です。

 

翌日。荷物を早々に片付け、服を着替えてチェックアウト直前。

ギリギリまで足湯を一人、ぴちゃぴちゃして楽しむ奥様。後ろ髪引かれまくってます。

 

そして、この日は、関西の実家へ帰省するため、車を熊本空港に近づけます。途中、時間が少しあったので寄り道。

熊本城&加藤清正所縁の加藤神社へ。

f:id:moeyo-fufu:20190209112655j:image

修復中となっていますが、残された部分だけでも存在感と繊細な美しさは健在でした。

それにしても、熊本地震の影響は想像以上でした。

f:id:moeyo-fufu:20190209112650j:image

今はこんな感じになっています。入場出来ると思ってましたが、NG。外からぐるっと見学です。復興には時間がかかりそうです。f:id:moeyo-fufu:20190209112646j:image

石垣もずいぶん崩れてました。
f:id:moeyo-fufu:20190209112700j:image

落ちた石に番号をつけて、元の形に修復していきます。あー、気が遠くなります。

 

しかし、復興に向けて前向きな印象を持ちました。経済的には早く治したいでしょうが、歴史ある良いものはキチンと守りたいという、日本人の意思を感じ、素晴らしいな、と。

あと、見方を変えれば、修復によって城造りが若い世代に引き継がれますね、きっと。

修復完成したらまた来ようと思います。

 

さて、九州旅行は以上です。

本日は、これから奥様のご実家へ行ってまいります。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村