燃えよ夫婦 in北京

東京都中野区を飛び出し北京でそれぞれ働き始めた夫婦のブログ。

我が家の甘味事情

旦那です。

奥様は相変わらず北京と上海を往復中。今日から再びです。

 

さて、我が家には厳格な法があります。

《日本製菓子取扱法》です。名前は今決めました。

対象は日本で大量購入した貴重な日本製菓子です。

有効なお菓子消費をする為、我が家で厳格な法が施行され、徹底管理しています。

侵すと家庭内抹殺です。

 

《日本製菓子取扱法》

一、1日の消費個数は2人で1つまで

一、賞味期限の近いものから食べる

一、お菓子の選択権は奥様に限る

一、原則2人で半分(奥様が不在時は食べてはいけない)

以上である。

 

若干、権限に不平等さがありますが、我々は平和に暮らしています。

 

しかし先日、旦那は気づいてしまったのです。未開封のはずのチョコレート箱にできた僅かな切れ込みを。不自然な隙間。中身が少し軽い気がする。

 

こ、これは…明らかな違反行為。

 

しかし、罪人も人の子。バレないように切り開いた隙間。抑えきれない食欲と法令遵守の間で葛藤したに違いない。もしくは、日頃の北京上海往復生活がそうさせたに違いない。

 

そう思い直し、旦那は仏になりました。

そして、罪の意識を少しでも軽減させてあげる為、自分も隙間から3個チョコレートを抜き取りました。

 

 

という事で、季節の変わり目。秋です。

甘いもの食べたくなります。そこで、打開策として、発想を変えました。無ければ作ればいい!と。

 

という事で、旦那は夜寝る前にお菓子作りしてます。いま極めようとしてるのが、蒸しプリン。

 

第1回は甘さが足りず、しかも固かったので失敗。写真にすら撮ってない。

ネット情報から炊飯器を使いましたが、加減がわからないのが、ダメですね。

 

第2回はこちら。

f:id:moeyo-fufu:20180913003510j:image

炊飯器は難しかったので、無理せず鍋で蒸します。

カラメルをかけて、見た目は良さげ。だが、まだ固い。

卵入れ過ぎ?蒸し時間?

 

気を取り直し、第3回

f:id:moeyo-fufu:20180913003440j:image

まぁまぁの出来。

反省を活かし、卵を控え、蒸し時間短縮。

結果、中心はまさにコンビニプリン。柔らかくていい感じ。中心以外はやや固いので、やはり火加減が課題。とはいえ、かなり改善しました。これは行けそうな気がする。第4回に期待しよう。

 

ちなみに、もう一つ、最近ハマっているのは、梨です。

春播というアプリでお取り寄せしてます。

思いのほか甘くて美味しいのでオススメです。
f:id:moeyo-fufu:20180913003640j:image

という事で、この秋、2人でデブになろうと決めました。

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村