燃えよ夫婦 in北京

東京都中野区を飛び出し北京でそれぞれ働き始めた夫婦のブログ。

我が家の災難

しんどくないのに、声が出ない。

文字の上ではノリノリ、風邪引いてます、旦那です。どうも!

 

最近中国人の同僚とよく話すんですが、社会人になって好きになった「人間万事塞翁が馬」って言葉、実は中国の故事が由来と知り、一盛り上がり。

故事から転じて、ええ事あっても、その後災難に繋がるかもわからんし、災難やと思った事が、その後ええ事に繋がるかもしれんで、って感じの教えです。

 

まー、それはどうでも良いんです。

普段から割とあかん事続いても人生終わりやと思わんようにしてるんてすが、先週は流石に「あ、終わった」と思いました。

 

我が家は割とこのあかん時の波長が妙に夫婦で揃ってしまうのです。。

 

連日連夜残業が続き、その日は日本から来た重役のフルアテンド2日目、元々風邪気味のところ、社内で風邪をうつされてしまい、重症化。夜は会食で激辛の四川料理とビールで追い討ち。

 

ヘロヘロで帰って、寝る前に横になろうとテレビをつけたところで、、、あれ、涙で奥様ご帰宅。

 

仕事でやな事あったか?と思いつつ、聞くと、スマホいじりながら、歩いてたら、自転車にぶつかってコケたらしい。

ついでに、擦りむいたらしい。

 

んで、手に握ってるスマホを見ると、、、あ、おぅ…こわれてる。あー、完全に逝ってるね。

 

わかるよ、わかる。

でも、悪いのあなたです。

 

と、心で思っても言わない、言わない。

 

まずは氷水用意してあげて、話を聞いてあげて…

ついでに良かれと思って、自分のiPadを代替機にして設定してあげようとしたら、そんな事しなくていい!と、御機嫌斜めの奥様。。。

 

あー、もう、カッチーン

 

普段ならスルー出来るところ、あまりの疲れから出来ず、、ええ、言ってしまいました。

 

悪いのは、あんたや。

こっちは、疲れとんねや。

 

はい、、そこから泥沼。

こっちの主張には、負けじと倍返しの奥様。

その倍返しをするわたし、そして、さらに倍返しの奥様。

 

もう、めんどくさくなって、部屋に閉じこもり作戦。鍵を閉めて徹底抗戦。

すると、一旦引き下がったように見せかけて、マンションのフロントから人呼んで扉をこじ開ける奥様。

 

なぜかそこから奥様が私のiPhoneiPadを奪い、そして私がそれを追いかけるイベント発生。

負けじと、一瞬の隙を狙ってパスワード変更で応戦。

 

そんな訳わからない攻防戦を繰り広げて、夜中1時。。

あまりに面倒で、最後は無視して寝ました。

 

その結果、、、翌日ガラガラ通り越して、もう全く声が出ない状態に。。なんとなく予感していたが、あーー、こりゃ困った。

 

その日も日本から来た重役アテンドの為、観光ツアーガイドのように、ぞろぞろおじさん達を連れて色んな会社を練り歩くのですが、その案内役の声がカスカス。

観光ツアーなら、クレーム殺到、即クビです。

 

なんとか持ち前の顔芸とジェスチャーだけで乗り切り、逆に頑張って声を出そうにも出てないのをネタにしてもらい、なんとか乗り切りました。

 

一方、奥様はスマホを買い直し、ダメだと思っていたデータも、Apple非公式の謎の業者からデータを取り出してもらい、無事復活。

 

お互いホッと一安心。

 

謝罪会見も早々に切り上げて、終戦を迎えました。

 

やな事あっても、ずっと悪いままでは無いのが人生。そう思って、これからも乗り越えていこうと思います!

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村