燃えよ夫婦 in北京

東京都中野区を飛び出し北京でそれぞれ働き始めた夫婦のブログ。

これぞ男旅、人生の皮肉

こんばんは、旦那です。

たのしい春節を終え、最近の奥様との会話は、ほぼ年間の旅行計画。長期休み後の現実から目を逸らしまくってます。

 

今年は脱中国がテーマで、出費度外視で既に西の方、南の方、あと東の方の航空券は取得済み。早割をフル活用して、半年先まで取得しました。

どこに行くかは追い追い発表します。

 

その前に、遅ればせながら、昨年末の旅行記を書き留めようと思います。

今回は中国に来て初めての奥様抜き、男友達と3人旅行でした。

 

 

f:id:moeyo-fufu:20180227235729j:image

突然ですが、ここで問題です。

私はどこにいるでしょうか?

 

f:id:moeyo-fufu:20180227235759j:image

ヒント:2000mオーバーの山

とてつもなく、鋭角です。

 

f:id:moeyo-fufu:20180227235819j:image

遠くの山々もとても神聖な雰囲気です。

ここは山岳信仰の対象となる山であり、五岳として、選ばれた山の1つなのです。

 

f:id:moeyo-fufu:20180227235827j:image

願掛けだってします。

南京錠でガッチリです!効果は不明。

 

f:id:moeyo-fufu:20180228001930j:image

 

そうです、ここは「華山」という山の頂上です。

中国4000年の歴史といいますが、まさにこの華山がその中華の「華」の由来という説もあり、由緒正しい山なのです!

 

 

そして!

もう一つ、この山を有名にした理由。

それは、コチラ。

 

↓↓↓

 

 

 

f:id:moeyo-fufu:20180227235852j:image

 

ヒェーーーーーーーーー!!!

そう、まさしく、こうなのです。

 

もう一度視線を前に向けましょう。

 

f:id:moeyo-fufu:20180227235913j:image

そう、こうなのです。

落ちたら即死です。

 実は行ってから知ったのですが、度々世界のテレビ番組や雑誌などでも取り上げられる、ある意味人気の恐怖スポットなのです。

 

西安へ旅行に行って、軽くハイキングくらいの気持ちで立ち寄ったら、まさか死を覚悟するなんて。人生の皮肉です。

 

f:id:moeyo-fufu:20180227235947j:image

人気スポットというだけあり、大行列。。この足のサイズ程の 板切れに大人が、写真のように同時に乗ります。

そして、それは、年間ほぼ毎日、この板には負荷がかかっているのです。

雨の日も雪の日も。

 

お判りかと思いますが、ここは中国。

板の道を作ったのも中国。そして管理しているのも中国。

一応、ハーネスという安全装置は付けられますが、安全対策をしているのもまた中国なわけです。

 

色んな恐怖がこみ上げてきます。

さぁ、日本のジェットコースターに飽きた、そこの貴方!そうです、貴方です。

人生の皮肉を味わってはいかがでしょうか。

 

この後、無事に山を降り、その後は楽しく西安旅行を楽しみました。

帰宅し、奥様に報告すると、「行かなくて良かった〜」と、一言。

そりゃ、そうだわな。

 

いい経験出来ました。