燃えよ夫婦 in北京

東京都中野区を飛び出し北京でそれぞれ働き始めた夫婦のブログ。

硫黄温泉掘り当てました

逃げ恥の再放送を観て、ガッキーに萌え死んでしまった30歳、旦那です。

 

そんなキュンキュンな気分から一転。 

もう私は、さっきから苛立ってます!

 

※怒りに任せてブログを書き殴っている事、先に謝罪致します。申し訳ございません。ここから先、不愉快に感じられる方はそっとブラウザを閉じて下さい。

 

1週間の疲れを癒すべく、風呂入ろうと思えばこれですよ。

 

f:id:moeyo-fufu:20180106003520j:image

 

 

f:id:moeyo-fufu:20180106003524j:image

 

蛇口をひねったら、硫黄温泉が湧いてきました。

 

それなら、どれだけいいか。

ため息しか出ません。

昨日からずっとこの調子。

 

昨日は工事のおっちゃん呼んで、見てもらったのだが、「水流しておけば大丈夫!ほら、綺麗になってきた!」と言って原因も言わずに帰りやがった。

 

唖然。立ち尽くす自分。

一方奥様は…

 

奥様はこの水で、歯を磨き、風呂にはピンクの入浴剤を入れて普通に入ってました。

 

奥様は大丈夫、大丈夫と言いますが、明らかにピンクの入浴剤はオレンジ色に変色。

昨日は翌日出勤を控え、とても疲れていたので、奥様を信じて仕方なく風呂に入りました。

 

奥様はどちらかというと、四角い部屋を丸く掃除するタイプで、それなりに生きていければ、それなりに大丈夫なようです。

 

それが、今日も風呂入ろうと思い、水を流すと、あらー…真っ黄色。

 

このざまですよ。

今日に至るまで、歯を磨き、顔を洗い、頭を洗い、食器や洗濯物を洗い…

 

あー、思い返すと最悪です。

何より限られた資源、毛根を心配しています。

 

怒りに任せて、フロントに奥様に電話してもらうと、「またかかってきた〜」とクレームを軽く受け流す始末。

 

もうこうなったらどうしようもありません。

聞くところによると、配管工事をしたばかりとの事。

 

早よ言わんかい。

知らんぞ、こっちは!

 

とりあえず、本日風呂に入る事を諦め、夕食の焼肉で臭くなった身体をまとって、床につきます。。

 

それでは、皆さん。

こんな一風変わった新年幕開けですが、本年も宜しくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村