燃えよ夫婦 in北京

東京都中野区を飛び出し北京でそれぞれ働き始めた夫婦のブログ。

次の旅行先は…〜中国国家博物館編〜

旦那です。

ドラフト会議も終わり、日本シリーズもいよいよ大詰め。

 f:id:moeyo-fufu:20171030020420j:image

さぁ、北京もいよいよ冬らしく。

現在10月下旬。早くも朝夜の体感温度は既に東京の1〜2月並みです。

 

外出時、UNIQLOヒートテックUNIQLOのフリース、その上にUNIQLOのウルトラライトダウン。UNIQLO、手放せません。ほんと。。

これから北京へ来る予定がある皆さん、ご安心下さい。UNIQLOあります。北京にも。ただし、若干高めです。

 

そんな季節の変わり目、我々にまたあの発作が。旅行行かないと暴れる病、です。

不治の病です、きっと。。

 

行き先は、今回、あえて秘密にしておきましょう。中国の7大古都と言われる、ある時代の首都になっていた場所です。

<七大古都>

・北京

・南京

杭州

西安

・洛陽

・開封

・安陽

昔、少年ジャンプ「封神演義」を読んでいた方なら、きっと憧れる、そう、あの場所です。

 

先日、ブログで地図にハマっているとご紹介しましたが、最近のテーマは「歴史で見る中国地図」です!

残念ながら、日本史専攻だった自分は中国史、ほぼ真っ白。

 

今回、せっかく歴史の街を旅行するので、勉強が必要!!

という事で、今週末に奥様と2人で行ってきました。

北京で歴史を知りたいならココ。

f:id:moeyo-fufu:20171030005845j:image

🇨🇳中国国家博物館🇨🇳

 

ちなみに、

f:id:moeyo-fufu:20171030005922j:image

目の前には天安門広場。そして故宮。

f:id:moeyo-fufu:20171030001206j:image

隣には、共産党本部。

 

中国の政治、歴史の中枢がこのエリアに集まっていて、その内の一つに、この博物館があります。なんと、いつ誰が行っても無料!素晴らしい!

 

この日は、数日にわたって行われた中国共産党第19回全国代表大会の後。

この付近には、赤い旗が沢山はためいていました。

 

f:id:moeyo-fufu:20171030012513j:image

さて、やる気や根気だけでまとめられるはずないのが、中国の歴史。

そんな歴史が凝縮されたこの博物館。

とにかく凄い。

 

国宝級というより、むしろ世界的に価値あるものが、すぐ目の前で、そして、無料で(!)一般公開されているのだから、驚きです。

 

ただ、湿度調整されているのか、人が多いからなのか、酸欠状態になるというのが、欠点です。。そして、広すぎるため、とにかく歩く。ひたすら歩く。まだまだ歩く。。

可能なら酸素ボンベを背負い、電動自転車に乗って見たいですが、警備員に連れて行かれる覚悟が必要です。

 

主に北京原人清朝までの歴史を順番に展示されています。

f:id:moeyo-fufu:20171030011345j:image

これで見ると、日本史で必ず習う隋や唐が、割と最近の事に見えるから不思議です。(見にくくてすみません!)

 

今度の旅行の行き先で出土されたのが、これら。

 f:id:moeyo-fufu:20171030012542j:image

か、可愛い。。カピパラみたい。

f:id:moeyo-fufu:20171030012716j:image

なんだかわからないこんなのも。ポケモンにいそう。

 f:id:moeyo-fufu:20171030025816j:image

 ロバ?人懐こそう。

 f:id:moeyo-fufu:20171030025828j:image

宇宙人の落し物?!

 

キリストが誕生するより前の、今から何千年も前、青銅で作られたこれらのオブジェ?副葬品?が、今でも出土されています。

 

この時代、自分が想像する中国の力強さとは対照的に、丸みがあって、可愛らしい雰囲気です。

 

こうして興奮しながらじっくり見ていると、気づけば予定の1時間ほどオーバー。奥様、バテバテ。。

 

そう、油断するとこうなるので、一度で見ようとせず、何度も訪れる事をお勧めします。

 

もしこのエリアに行く機会があれば、天安門広場や故宮もいいですが、個人的にはココも十分お勧めです。

ただし、時間と、そして、体力が必要ですので、万全の状態で臨んでください。

 

ちなみに、IKEAのようなショートカットコースは存在しません。

 

f:id:moeyo-fufu:20171030015833j:image

最後に、すっかり中国史の虜になった自分は、最後のお土産コーナーで、時代別の地図本(子供用)を奥様におねだり。

すっかり愛読書になりました。

 

まだまだ分かってないこと沢山ありますが、少し知識がついて、旅行が楽しみになりました。旅行にこういう予備知識は絶対に必要。

 

続きは、旅行後にご紹介したいと思います。

 じゃ、また!