燃えよ夫婦 in北京

東京都中野区を飛び出し北京でそれぞれ働き始めた夫婦のブログ。

旅の予習

旦那です。プロ野球はドラフト会議も終わり、日本シリーズもいよいよ大詰め。

 

さぁ、北京もいよいよ冬らしく。現在10月下旬。早くも朝夜の体感温度は既に東京の1〜2月並みです。外出時は、UNIQLOヒートテックUNIQLOのフリース、その上にUNIQLOのウルトラライトダウン。UNIQLOばかり。手放せません。

 

そんな季節の変わり目。本格的な冬がやって来る前に旅行計画を立てます。

行き先は、中国の7大古都のうちの一つ。ある時代の首都になっていました。

<七大古都>①北京 ②南京 ③杭州西安 ⑤洛陽 ⑥開封 ⑦安陽

正解は、この中でおそらく最も地味な都市。⑦安陽です。なぜ安陽かと言うと、日帰りで行けるから、それだけです。

 

安陽は殷の時代の都です。歴史ある場所に行くので、今週末に奥様と2人で勉強です。北京で歴史を知るならココ、🇨🇳中国国家博物館🇨🇳です。

f:id:moeyo-fufu:20171030005845j:image

ちなみに、そのすぐお隣は、以前紹介した天安門広場

f:id:moeyo-fufu:20171030005922j:image

広場の向かい側には、共産党本部です。

f:id:moeyo-fufu:20171030001206j:image

悪いことできないエリアですね。政治、歴史、そして博物館が一箇所集中してます。

この日は中国共産党第19回全国代表大会の後。写真の通り、あちこちで赤い旗が沢山はためいていました。

f:id:moeyo-fufu:20171030012513j:image

さて、博物館です。

中国の長い歴史が凝縮されているのが、この博物館。とにかく凄い。国宝級、いや世界的に価値あるものが、すぐ目の前で見れます。しかも無料で!

 

ただ、湿度調整されているのか、人が多いからなのか、酸欠状態になるリスクあり。さらに、広すぎるため、とにかく歩きます。

 

主に北京原人清朝までの歴史を順番に展示。入口で王朝の順番を確認します。

f:id:moeyo-fufu:20171030011345j:image

こう見ると、日本と接点のある隋や唐が、割と最近の事に見えるから不思議です。

 

さて、早速目的の場所です。

安陽は殷の時代、この博物館では、入ってすぐ展示されてます。

基本的にこの時代の出土品は青銅器。

 f:id:moeyo-fufu:20171030012542j:image

それにしても、これ可愛い。

f:id:moeyo-fufu:20171030012716j:image

なんだかわからない、こんなのも。

 f:id:moeyo-fufu:20171030025816j:image

 人懐こそう。

 f:id:moeyo-fufu:20171030025828j:image

なんだ?!

 

キリストが誕生するよりずっと前の時代です。今でもたくさん出土されるそう。ロマンありますね。

 

と、じっくり見ていると、かなり時間過ごしました。まだ博物館の入口付近です。すでに奥様、バテてます。

 

この後、出口まで約2時間かかりました。盛りだくさんはいいですが、ペース配分が重要です。IKEAのようなショートカットコースがないのが、辛いですね。

 

少し知識がついて、旅行が楽しみになりました。旅行にはこういうのも大事ですね。

 

おまけ

f:id:moeyo-fufu:20171030015833j:image

お土産コーナーで時代別の地図本(子供用)を購入。中国語の勉強も兼ねて。しばらく愛読します。