燃えよ夫婦 in北京

東京都中野区を飛び出し北京でそれぞれ働き始めた夫婦のブログ。

中国式ウェディング

どうも旦那です。

先日、中国人同僚に、親しい友人と会ったら「你好」より「吃饭了吗?(ご飯食べた?)」って挨拶するもんだよ、と教わりました。食糧難の時代の名残だそうな。食べる事は生きること、みたいなニュアンスでしょうか。食に対しての価値観高めです。

 

さて、先日、中国人同僚の結婚パーティ(同僚だけの飲み会みたいな感じ)に招待頂きました。

 

席に着くや否や、大きめの円卓には山盛りの料理。さらにわんさか料理が運ばれてきます。置けなくなると、料理の乗った皿の上に、持ってきた料理を皿ごと重ねていきます。結構、衝撃。。

 

後で知ったのですが、中国の祝いの席では、主催者が参加者を腹一杯にさせる事が最大級のおもてなし。最初に用意された料理を大方食べ切って、みんなもうお腹もいっぱい、終わりの雰囲気とかなと思いますが終わりません。主催者がストップというまで終わりません。

それどころか主賓のメンツを潰さないよう、みんな腹一杯にも関わらず「今度はあれどう?」「これ美味そうじゃない?」とエンドレス注文。

 

料理もさることながら、それよりも飲まされます。白酒にベロンベロンになってくると、ビールが水代わりになってきて、ビールの乾杯ありがとう!!ってなってきます。結果、この日は数名で白酒を5瓶とビール樽5缶。もちろん、胃袋死亡。。ゾンビのような姿になって、なんとか帰宅。ゲロゲロして、そのままベッドにダイブした記憶。

 

いい経験をさせてもらいました。

ふぅ。。あ、お幸せに。