燃えよ夫婦 in北京

東京都中野区を飛び出し北京でそれぞれ働き始めた夫婦のブログ。

北京感を求めて

ども、現在、食欲爆発中の旦那です。

早いもんで北京に来て、1週間が経ちました!

さて、心境はというと…案外北京感がないというか、ある意味住みやすいというか。

 

…というのも、

・日本人の嫁さんとずっと一緒にいて(もちろん日本語)

・ネットテレビで日本の番組を見て(朝はZIP、もちろん夜のバラエティもチェック済み)

・日本から持って来た調味料で自炊して(すき焼き、肉じゃが、カレー等)…

 

 

あかーーん!全然北京感ない〜〜(ーー;)

 そう、足りなかったのは北京感。

 

こりゃあかんやろ、という事で北京感を体感すべく、今回は中国人が一年で一番浮かれている春節期間、自分達も混じってエンジョイしてきたので、ご紹介します!

(お上りさん丸出しのベッタベタの定番コースです!)

 

この一週間、足が動く限り行ってまいりました!具体的には以下の通り。

 

・故宮

・景山公園

・三里屯

北京動物園

・王府井

・故宮(2度目)

・中国美術館

 

中でも、何故か1週間に2度も行った「故宮」についてご紹介します!

 

※前回、嫁さんから写真のセンスについてアドバイスという名のバッシングを頂いたので、ここで挽回したいと思います!

 

 

春節4日目。この日は、信じられない程の大晴天。青空が気持ちがいい!

 

f:id:moeyo-fufu:20170204104746j:image

そう、これが有名な天安門です。青空と赤い建物のコントラストが映えますね。

ちなみに、その下の黒いのは全部「人」です。人人人人人人…´д` ;

 

さて、故宮で一番最初に出迎えてくれるのがこの場所です。

東大寺でいうと南大門、ディズニーランドでいうとメインアーケードのような感じでしょうか。

こちらは、阿吽像でも、ウォルト&ミッキーでもなく、両サイドに大きくてイカツイ狛犬とトンネル入口上部には毛先生のご肖像がお出迎えです。

 

とにかくその力強さと壮大さ。

さらに、ここは歴史を紐解くと様々な場面で舞台となった場所。入場前ですが、既に色々と思いにふけってしまいます。

 

話は逸れますが、皆様、写真によーーく目を凝らして見てください。門と瓦屋根の間に赤い提灯が見えますでしょうか?

これ、春節期間だけこのように、飾り付けられるようで、日本でいう門松のようなもののようです。

なので、街の至る所で目にします。

 

ちなみに、提灯の意味についてちょっと調べて見ましたのでご紹介します。

【赤い提灯】
中国の多くの家庭では、春節から旧暦正月15日の「元宵節(げんしょうせつ)」にかけて、赤い色の大きな提灯(灯籠)を灯します。大きな提灯は「繁栄と幸運」を意味し、赤は「福を招く最高におめでたい色」とされています。

(引用:日本とはひと味違う、中国のお正月「春節」のさまざまな風習(tenki.jpサプリ 2016年2月5日) - 日本気象協会 tenki.jp)

 

ちなみにちなみに、他にも春節といえば、爆竹なんかも有名ですね。

ただ、北京は、一味違いますよ。爆竹なんて田舎もんのお遊びと言わんばかり。そう、いまどきは、打ち上げ花火(本格的なやつ)が最高のお洒落。

つい最近は、銀座のようなショッピングビルが立ち並ぶような場所で、夜中の2〜3時に打ち上げ花火(間違いなく無許可)をあげてました。

お洒落に場所も時間も関係あらしまへんのや!

とにかくお祭り騒ぎしたいというのは、どこの国も同じようです。

 

ちなみに、爆竹についてもちょっとだけ調べてみました。

【爆竹】

春節や店舗開店などを祝って盛大に焚かれる爆竹は、中国ならではの風習としてよく知られています。爆竹には魔除けの意味があり、その昔、竹を割って火に投げ入れ、災禍をもたらす怪獣を追い払ったという伝説から、厄を払う縁起物として用いられるようになりました。

(引用:日本とはひと味違う、中国のお正月「春節」のさまざまな風習(tenki.jpサプリ 2016年2月5日) - 日本気象協会 tenki.jp)

 

以上、なかなか本題に入れず、すみません。

ご愛嬌としてお付き合いください。

 

さて、天安門を抜けて、中でチケットを買いに行きます。

 

が!なんとこの日はチケット完売。。えええええ。。。時計はまだ14時。この時点で8万人の上限に達したそうな。

人ほんと多すぎでしょ。

 

しかし、爪痕残さずして帰れない!と言うことで、故宮の北側に景山公園という丘のような小高い山のような所に登り、故宮を一望するプランに変更。

f:id:moeyo-fufu:20170205045018j:image

高尾山を思い出すほどの斜面を登りきり、故宮だけに呼吸が荒くなってしまいました。(そんなのいらない?w)

写真だと逆光で見づらいのが残念ですが、天気が本当に良くて、間違いなく一見の価値ありです。

 

ちなみに、後日、調べて初めて知りましたが、この景山公園は北からの殺気を故宮に持ち込まない事を目的に造られた、人工山らしいのです。流石、風水大国!

 

興味深かったのが、山頂にお堂があり、お釈迦様が御鎮座されてました。

ご存知、社会主義国であり、価値観も日本と異なり、近くて遠いイメージがずっとありました。

ただ、こうして仏教を通じての繋がりを感じられたので、少し親しみを持てた気がします。さらに、面白かったのが、かつて王朝があった場所をお釈迦様が背後から見守っているというのも、個人的にはなかなか痺れました。

 

この日はこれにて、終了。

 

 

そして、後日。

まとまった時間ができたので、初回入れなかった所に突入すべく、改めて一人で行ってきました。

今度は開館ほぼ同時刻に入場し、リベンジです!

 

さぁ、ここからが本番ですよ。チャンネル(?)はそのまま!

まずはベストショット写真をいくつかご紹介しましょう!

 

f:id:moeyo-fufu:20170205050626j:image

f:id:moeyo-fufu:20170205050647j:image

f:id:moeyo-fufu:20170205050657j:image

f:id:moeyo-fufu:20170205050705j:image

f:id:moeyo-fufu:20170205050734j:image

 

感想…デカい!!

 

以上!

 

もう、正直この凄さ、写真と文章じゃ無理です。伝えられません。
興味持たれた方は是非行って見てくださいʕʘ‿ʘʔ

 

想像以上に全てが大きく、鳥肌です。

日本とは比べ物にならないほど、壮大で中国を作ってきた過去の王朝の威厳というか、凄まじいエネルギーを感じました。

 

入場してからメインの建物に着くまでいくつもの門や広場があり、こうした基本構成と建造物の造りは、なんとなく沖縄の首里城が似てる気もしました。(いや、正確には首里城が故宮に似てるのだと。)ただ、サイズ感は圧倒的に違いましたが。

 

ちなみに、3枚目、4枚目がメインの建物です。かっちょいい。

分かる人には分かるかと思いますが、アラジンとジャスミンも絨毯に乗ってここを訪れてましたね。

 

 

そんなこんなでいかがでしたでしょうか?

自分も少しは北京感を感じる事ができた一週間でした。 

 

 

さぁ、長かった休みも本日が最後。

明日はいよいよ入社です。ドキドキですが、まずは気持ちで負けないよう、信念持って頑張ります!(^^)

仕事が始まったら、また一味違った内容のブログが書けると思っています。

お楽しみに。

 

それではまた〜!

全然イケるやん、北京!

どうも、ベトナム系旦那です。

ついに、謎だった嫁さんがベールを脱ぎましたね。

春節入りし、直角になった腰は元に戻ったようです。

 

そして、その春節

ついに、ついに!私、北京に入りしました。

神谷町のビザセンターで就労ビザを手にした時は、本当に感無量というか、達成感をしみじみ感じてしまいました。ここまで長かった。。

 

さて、北京ですが、ファーストインプレッション…え、全然イケるやん!でした。

 

・空気…え、全然イケるやん!スーハー、スーハー(日による…らしい)

・ご飯…え、全然イケるやん!餃子ウマー

・人…え、全然イケるやん!中国のおばちゃん笑顔可愛い〜、お姉さん優しい〜

・街…え、全然イケるやん!建物デカ〜、道ヒロ〜、意外と綺麗〜

・気候…え、全然イケるやん!部屋の中、ポカポカ〜(若干、汗ばむ)

 

嫁さんから「それ3年間言い続けられるかな〜笑」なんて言われるものの、いま大きく振り切れている好奇心メーターを差し引いても、なんとかなるやろ、と思ってます。

日本と比べて云々なんて言い出したら、キリないしね。 

 

ただし、ここ数日の空気の変化だけは驚きました。

初日の到着直後の景色がこれ↓

f:id:moeyo-fufu:20170201011539j:image

 

その日の夕方↓

f:id:moeyo-fufu:20170201011736j:image

 

さらに、翌日↓

f:id:moeyo-fufu:20170201011846j:image

 

めっちゃ快晴!!

これ、1日目の夕方から風が吹いた結果らしいです。

いやいや、風って!

秋刀魚焼いて、煙たいから換気扇回すような感じ??

しかも、換気扇と比べて風任せ…

とりあえず、同じ場所の数時間での変化とは思えぬ変化です。。笑

 

ま、今の所、無事に楽しく過ごしておりますʕʘ‿ʘʔ

 

最悪の出張(腰が直角になると思った)

 

連続投稿の嫁さんです。

現在、商社人事の仕事をしていますが、中国の華北に拠点がある大連、青島、天津、長春に加えて、重慶成都に出張に行く機会が多いです。

先日、大連出張だったのですがこれがもうとんでもない行程となり、寧ろ中国が大好きになってしまいました(棒読み)

 

(当初の予定)

 DAY1:北京→大連(飛行機)

 DAY2:大連→北京(飛行機)

(結果)

 DAY1:北京→瀋陽(飛行機降ろされた)→大連(高鉄)

 DAY2:大連→北京(高鉄)

 

こう書くと、なんだ、乗り物が変わっただけじゃん。と思うでしょうが、中国は広いんです!!!高鉄遠いんです!空港と駅遠いんです!と叫びたいです。

 

出発の朝、北京空港付近は雪が積もっており9:45のフライト予定が10:30になった段階で「これはやばいかも…」という不安が的中。

10:30に搭乗するものの、実際に飛んだのは12:00過ぎ…それまで飛行機の中に閉じ込められる(みんな案外おとなしい)。

大連までは約1時間のフライトであるにも関わらず、13:30になっても離陸の気配なし…(ちょっとザワザワし始める)。

突然「大連大雪のため瀋陽に離陸します。マイナス8度です」というアナウンスあり(さすがに声を荒げ始める)。結果、瀋陽に降りたのは15:00。その間に出されたのはちっっっっこいペットボトル1本(みんなブチ切れ)。

 

降ろされたのはいいものの、代わりのフライトが飛ぶことも無く(結局、代わりとなるフライトが飛んだのはその日の20:00でした)選択肢は2つ。

①北京に帰る(だってもう15:00)

②大連になんとしてでも行く(着く時間不明)

 

結果、選んだのは②。仕事大好きaround30、身を削って高鉄に乗ることに。確か瀋陽って高鉄あったよな…と思い地図調べるものの、

「空港から1時間です。」……遠いわ!!

と思いつつも、タクシー爆走。チケットを買い16:40の高鉄で大連北駅へ。

f:id:moeyo-fufu:20170127212624j:plain

↑@瀋陽駅。めちゃくちゃ寒く、マイナス12度。

 

電車に乗ること2時間30分。19時過ぎに大連北駅に到着。飛行機飛ばなくなるだけあり、雪雪雪。 

f:id:moeyo-fufu:20170127212637j:plain

朝から何も食べておらず、胃袋マヒ状態。迎えに来てくれたドライバーさんと合流し、30分くらいですよね?と確認すると

「道路混んでて1時間はかかるよ」と。え…。

もう、何時になったらつくんだよ!!!遠すぎだよ!!!もう腰痛いわ!とブツブツ1時間思い続け、20時到着…。既に家を出てから約13時間経過…。

目的の1つであった新年会に参加するのも1時間だけ。翌朝の出発は朝6時…。

 

…あれ?明日のフライトキャンセルになってる…。

 

ということで、潔く諦めDAY2は大連駅→北京駅まで6時間15分掛けて高鉄で帰ってきました。

(総括:2日間のトータル移動時間)

  DAY1の13時間+DAY2の8時間=21時間

 

ちなみに、大連⇔北京は片道1時間(not 21時間)です。

 

 

嫁さん初登場の巻~北京に何故いるのか!?~

大家新年快乐!!

はじめまして、嫁さんです。北京に赴任したのは約1ヶ月前なのですが、この1ヶ月間ほぼ毎日、馬車馬のごとく働いていたのでやっと春節に入り、休めた…ということで嫁さんもブログ開始です。

 

既に旦那さんから紹介があった通り、滋賀県出身。その後、京都の大学を挟んで今は東京に本社を構える某商社で働いています。

会社に入って早数年、aroud30にもなり後輩にも(鬼と恐れられ)慕われて、優しい(ベトナム人みたいな)旦那さんと2人生活していたのですが、2016年春、突然辞令がやってきました。

 

「中国に駐在だ(決定事項)」

 

ほぇ?ほほほほほぇ?ほほほほほほほぉぉぉぉぉぉぉ…

中国ってあの大気汚染でやばい↓(赴任直後の実際の写真)お国ですよね?

f:id:moeyo-fufu:20170127205118j:plain

とは思いつつも辞令を受けた直後は、商社の醍醐味!!ということで意気揚々としていたのですが、時間が経つにつれてその意気込みは、次第に不安へと変わっていきました。

・本当に自分に駐在員が務まるのか?

・旦那さんと結婚して2年経過。自分もうすぐ30歳。子供は?

・旦那さんとまた離れ離れになるの?

・いったい帰国はいつなんだ?(一応3年の予定だが)

…と挙げたらきりがないくらいの不安に襲われたのです。

夏にはそれがピークに達し、(ベトナム人みたいな)旦那さんに八つ当たりすることもあったのですが、そこはさすが長年のパートナー。全部私の意図を汲み取り、自分も北京に転職することを選択。一緒に乗り越えてくれることになったのです。

 

ここでふと思うのが、女性の社会進出が進む中、海外勤務に憧れる人も多いと思います。その時の家族ステータスにより、悩む内容も違うと思いますが、結婚している立場から思うのが、辞令を受けるのは自分だけれども「海外駐在 = 二人の決断」だということです。 

あの時もし、辞令を断ってたら、違う幸せな道を探していたら、それはそれできっと幸せだと感じるとは思うのですが、昔からの夢だった「海外で働くこと」をぶらさずに、理解してもらえたことが何よりも大きな分岐点だったのだと思います。

 

それを経て今、北京で商社人事として働いているのですが明日はいよいよ、旦那さんが北京に赴任する日です。

とりあえず明日、旦那さんがターンテーブルで4つの荷物をピックアップできるのか不安で仕方ないですが(笑)、新たな生活が始まることにワクワクしつつ、空港に向かえにいきたいと思います。 

海外転職にまつわるエトセトラ編

どうも、旦那です。

 

先のブログでお伝えの通り、中国北京で転職し、来週にはビザ取得、そして、その週末、いよいよ北京に向けて出国します!!

 

年末年始を挟み、家族を始め、たくさんの友人知人に会って励ましてもらったので、パワー満タンです!

f:id:moeyo-fufu:20170121164216j:image 

不思議なもので、つい先日、知人の紹介で、これから北京で働くという、同い年関西出身の男性と東京で仲良くなれました。

働くにはマイナー都市と言われる北京で、こんな出会いも珍しい。世間は狭いと言うが世界規模とは…驚きです。

職場も近く、彼とはまた北京で会う約束なので、またその時に話を続けます!

 

 

「てかさ、ずっと前に就職決まったのに、なんでまだ東京にいてんの?」

 …あー、はい。そろそろ言われそうなので、先にお伝えします。

本人はもちろん行く気マンマンで、どっからでもかかってこい状態なのですが、、そう、ビザがまだ取れんのです。。

本人は行く気マンマンなんですよ?ビザがまだなんすわ…そう、ビザが…ビザ…(ーー;)(ーー;)(ーー;)

 

そんな待ってるだけの生活に嫌気がさしたそんな昼下がり。

北京より最後の必要書類が届き、早速ビザセンターで申請。これで、来週ようやくビザ取得できる事が決まりました。 ちょうど一週間後の今は、北京の新居にいるものと思われます。

 

ビザにまつわるエトセトラについては、改めてブログに書き綴りたいと思います。

(情報不足と事故が重なり、かなり大変でした。)

 

 

さて、今回は転職活動にまつわるエトセトラ編として、少しまとめていきたいと思います。

奇跡に近い転職活動なので、参考になるかは不明です。

あえて、ノウハウ的な事には触れず、状況報告をあくまで個人のケースとしてのみ発信しようと思います。

 ちなみに、北京での求人、残念ながらマジで少ないです。。実はかなり苦しみました。。

 

まずは、何をしたのかざっと時系列に。

 

・海外転職サイト、3社登録(10月初旬)

・履歴書、経歴書、ポートフォリオ作成

・エージェント面談(1社東京、1社電話、1社スカイプ)

・希望条件を絞り、合計7〜10社エントリー

・嫁さんの両親に報告

・エントリー企業、すべて履歴書で全滅

・エントリーする企業がなくなり、諦めかける

・エージェント斡旋により、まさかの逆指名

スカイプ面接(10月下旬)

・2次(最終)面接@国内某所

・内定(11月初旬)

・自分の両親に報告

・会社に報告

・退社(12月末)

・ビザ取得待ち(1月中旬)←イマココ※

・ 出国予定(1月下旬)

春節明け入社予定(2月上旬)

 

そんな感じです。

 

上記読まれた方は、100%疑問に思うはず。履歴書でそれだけ落ちまくってて、そんな急展開ありかよ、と。

ハッキリ言って自分でもそう思います。。

 

実は心当たりがあって、まずは一つ、基本的に海外で働く場合、即戦力、かつ専門性の高い分野、業界、職種の求人がほとんどです。

日系企業でも大差なく、そういった印象。

 

そもそも応募条件を見ると、同じ業界、職種で何年以上と条件を出してくるところが多いのも事実です。(もちろん、それがない求人もありますが、残念ながら希望職種とは異なりました。。)

 

まぁ、そもそも求人が少ない中で、使用言語、業界、業種、給与等、最低限条件絞るだけで、もう残る求人はすずめの涙もない程。。。

ちなみに、条件を外したからといって、さほど求人数は増えないのです。。

 

あくまで主観ですが、日本ではどちらかと言うと、良し悪しとは別に、スペシャリストよりもマルチに活躍できるゼネラリストの方が、転職の際、該当する求人数が多くなり、活動領域は広く、場合によっては、職種を超えて転職なんて事もよくあると思います。

 

ただし、一歩海の向こうは話が別。

求人の多くで専門性を評価されるため、自分のような営業マンは、海外に出た途端、あれ、あれれ??となり、結局、「何でもできるスペシャリストです!」と、意味不明な事を言い兼ねないわけです。

 

なので、仕方なく、営業だけど、部分的な専門分野を切り取って、切り取って、スペシャリストだと主張するしかなかったのです。。

そりゃもう、本気のスペシャリストには敵わないわけで。。

 

これまでのエントリー企業はどちらかと言うと、専門性重視のため、本来自分がエントリーするにはかなり無理があったのです。。

ただ、そうでもしない限り、そもそもの求人数がないため、活動自体できないと言う事になっていました。。

 

 

今回の決め手は、まさしくエージェントのおかげだと思っていて、

そもそも募集の無かった企業に対して、欠員を察知して売り込んでもらえたところに成功のポイントがあります。

 

自分としても、求人についてや履歴書の修正等、マメにエージェントと連絡を取り合って、エージェントとのコミュニケーションがしっかりと取れていた点は、良い方に向かわせたように感じます。

 

売り込みの際は、過去の学歴・経歴から、自分の営業マンとしての強みを強みのまま、紹介してもらう事が出来た点が、うまくマッチングした要因な気がします。

また、自分としても過去の学歴・経歴を考慮しても、希望の業界業種といえたため、面接時に想いをうまく伝えられたのだと思っています。

 

要するに、数こそ少ないものの、ゼネラリストなら、ゼネラリストとしての存在意義を求められるところに、真摯にアプローチする事が成功の決め手のように感じます。

 

あと、ここだけは、ハッキリと言いたいのが、海外転職はまじで「情報戦」です。

自分もそうだし、エージェントもそうだと思います。

日本にいたら、当たり前に調べたら分かる事が、調べても分からないなど本当に多いです。

紹介を受け、エントリーしたいと思うものの、企業について情報がなかなか出てこないなんてのもよくあります。なので、学生時代のツテを辿って、人伝いに情報を集めるなんてのも必要になってきます。

他に、北京に住む人の個人ブログを読み漁ったり、関連書籍等も集めて短期間に数十冊読み込むなどもしました。

 

また、最初に日系転職サイト3社に登録しましたが、対応はどこも早く丁寧で満足していますが、内1社は、求人数もさる事ながら、情報の察知が早く、上記のような積極的な売り込みに長けたように思います。

エージェントの当たり外れは、ハッキリ言ってあります。当然、検討の地域と時期にもよります。

もしこれから検討される方は、転職サイトへの登録自体は、慎重にならず、複数同時進行で行い、まずは情報を一つでも多く集める事に専念される方が得策かと思います。

 

 

以上、書き連ねましたが、参考になったのか、ならなかったのかよく分からないですね。

まぁ、そんな感じの転職活動でした。

 

ちなみに、自分は日本国内のみで転職活動する事が出来ましたが、これは本当に稀です。

奇跡的なタイミングで、社長と担当者が日本に出張の予定があるとのことで、面接をセッティングしてもらう事が出来ました。

通常は、現地採用なら現地で行う事になります。

 

100人いれば100通りの転職活動がありますね。

また、思い出す事があれば、追加しようと思います!( ^∀^)

 

 

 

 

 

 

 

 

北京に移住するぜ!

どうもはじめまして。

旦那です。

 

このたび、嫁さんが2016年12月から北京に3年間、会社の都合で駐在する事になり、どうしようか悩んだ末、2人で北京へ移住する事に決めました。

 

おいおい、お前の仕事はどうしたんだよ?!…と、突っ込みが聞こえてきそうですが、結論だけ言うと、日本の仕事を辞め、北京で転職する事に決めました。

 

自分でも思い切ったな〜と今でも思いますが、後悔はなく、来週にはビザを取得し、いよいよ出国といった状況です。

 

中国語全く話せない自分がそもそも求人の少ない北京で、どうやって転職し、移住するに至ったのか、改めて詳細をブログに綴ろうと思います。

 

なお、自分の中国レベルですが、「そもそも北京てどこやねん」から始まった中国超ビギナーです。(知っていた中国語は小籠包と餃子、麻婆豆腐くらい…)

 

あとは、ドラゴンボールと中華一番で得た知識くらいのもので、きっとスカウターで見ると、戦闘能力3程度。ヤムチャに一瞬でボコられます。中華一番的には、きっと弱火で炒飯を炒めるようなものと思われます。

 

いずれにせよ、自分たちにとって貴重な海外経験なので、夫婦でブログ書いていこうぜ!となりました。

 

自分と嫁さんでアカウントを共有し、新鮮な目で北京での生活の様子を時にゆる〜〜く、時にマジメにレポートをできればと思っています。


加えて、子なしアラサー夫婦ならではのそれぞれの働き方や、夫婦のあり方など、模索しながら奮闘する姿をありのまま発信できればと考えています。

半分自己満足、もう半分はどなたかの参考になったり、励ましになったり、話のネタになるといいなと思っていたりです。

 

 

では、最初なので、登場人物について、もう少しだけ簡単にご紹介します!

 

( 旦那)

年齢:29歳(1987年生まれ)

出身:兵庫の山の方

仕事:自動車関連(今回2度目の転職)、元インテリアプランナー

言語:日本語、英語(ほぼ忘却)、中国語(料理名一部言えるレベル)

顔:ベトナム

 

ただいま独学で絶賛サバイバル中国語勉強中。

幼少期から数えて8度目の引越しで、基本土地にこだわりはなく、郷に従えタイプ。

おもろいかどうかは別として、根は関西人です。

中国の現代アート、デザインに興味あり。

 

 

(嫁さん)

年齢:いい感じのお年頃

出身:滋賀の湖の方

仕事:商社管理系

言語:日本語、英語(ペラペラ)、中国語(もっとペラペラ)

海外経験:カナダ、中国天津

 

12月末より、一足先に現地入りし、現在、慣れない環境でたった1人生活を開始。
様々な洗礼を受けながら、生活を整える間も無く、北へ南へ、西へ東へと出張&出張、接待&接待。酒を呑むか、呑まれるか。

そんな感じで旦那としては少し心配な心境ですが、本人はなんとか持ち堪え、前向きな姿で仕事に大奮闘中。

 

 

最後に、2人のことを少しだけ。

嫁さんとは、大学の頃からの付き合いで、最初の出会いから今年で11年目 。

大学卒業後は東京-大阪で5年遠距離を経験し、その後、解消して結婚。

東京で2年間夫婦生活するも、今回の急展開を迎える。。

 

さて、そんな2人ですが、これからどうなるのか?

それでは、どうぞ〜〜